5/R 自然の薬箱
 カフェ&キッチンでは、旬の野菜をふんだんに使ったランチ、ディナー、コース料理や
薬膳茶、野菜スイーツなどからだにやさしいメニューをご用意いたしました。

自然の薬箱

私たちは東洋医学の考え方をもとに、1年の季節を『春・梅雨・夏・秋・冬』の5つに分けて考えます。季節の移り変わりは、気温、湿度、日差しの強さなど自然環境の変化はもちろんのこと、空調による影響や社会とつながっていればこそ暴飲暴食が増える時期など、生活環境も様々に変化します。その変化は時にからだの負担となり、体調を崩す原因となることがあります。

しかし私たちのからだの中には、変化に対応しようとする自然の力が本来備わっています。その自然の力を発揮できるように季節に合わせたケアをお食事に取り入れ、 あなたのからだとこころが元気でいられるように、少しでもお手伝いできる薬箱のような存在でありたいと願っています。

冬の寒さからくる冷えは、さまざまな不調を引き起こします。

冬が旬の食材にはからだを温めてくれる陽性の食材がたくさんあります。

これらをうまく取り入れ、からだの中から冷えを撃退しましょう。

また、寒さで毛穴が引き締まり汗をかかなくなるため、

水分の代謝を尿にたよることになり腎の負担が大きくなります。

腎は水分代謝だけでなくエネルギーの種である精を貯蔵する重要な働きもあります。
そこで、鹹味をうまくとり入れて腎をいたわることが大切です。

空気が乾燥する季節でもあります。喉や鼻の粘膜が保湿性を失い風邪や

インフルエンザのウイルスを排出する線毛運動が低下します。
若々しく美しいお肌のためにも、潤いを補う食材をとるよう心がけるとよいでしょう。

そして、楽しい行事が多いこの時期はごちそうを食べる機会も多くなります。

胃腸をいたわる食材や肝臓の働きを助ける食材を組み合わせて、元気に乗り切りましょう。

  • 温補作用のある食材:臓腑、器官を温めて、動きを活発にします。
  • 補腎作用のある食材:両親から受け継いだ生命力や食物からのエネルギーを蓄える腎の機能を高めます。
  • 潤燥作用のある食材:湿度の低下などによる乾燥症状を潤します。
  • 和胃調中作用のある食材:脾胃の機能を整え、 消化機能を円滑にします。
  • 最初に野菜たっぷりカップを食べていただくのには"訳"がある・・・
  • 大きめ野菜には"訳"がある・・・
  • 食べるドレッシングのヒミツ
  • 野菜たっぷりのヒミツ

ヒミツの中身はお店で確かめてくださいね!

生産者:伊藤農園
おいしく安心・安全なお野菜をお届けしています!
お客様とともに農地を再生・維持し、農業の理解・経験を深め私たちの生活の基盤である「食」の安心安全の普及と自給率向上を目指し、広く食育を普及するため、市民農園や農業体験イベントなども行っています!

生産物:有機無農薬野菜、低農薬野菜
生産地:愛知県稲沢市、大府市

生産者紹介
自然の薬箱 カフェ&キッチン
ご予約はこちらから/Tel.052-734-3037
営業時間/11:00〜21:00(ラストオーダー20:00)
定休日/水曜日
Cafe&Kitchen facebook
ページトップ