5/R 自然の薬箱
 カフェ&キッチンでは、旬の野菜をふんだんに使ったランチ、ディナー、コース料理や
薬膳茶、野菜スイーツなどからだにやさしいメニューをご用意いたしました。

自然の薬箱

私たちは東洋医学の考え方をもとに、1年の季節を『春・梅雨・夏・秋・冬』の5つに分けて考えます。季節の移り変わりは、気温、湿度、日差しの強さなど自然環境の変化はもちろんのこと、空調による影響や社会とつながっていればこそ暴飲暴食が増える時期など、生活環境も様々に変化します。その変化は時にからだの負担となり、体調を崩す原因となることがあります。

しかし私たちのからだの中には、変化に対応しようとする自然の力が本来備わっています。その自然の力を発揮できるように季節に合わせたケアをお食事に取り入れ、 あなたのからだとこころが元気でいられるように、少しでもお手伝いできる薬箱のような存在でありたいと願っています。

梅雨 のケアポイントは 『健脾(けんぴ)』『利湿(りしつ)』『行気(こうき)』です。        
湿度の高い梅雨の時期は、体の中にも湿が停滞しやすく(=湿邪)、特に脾の働きに影響します。
薬膳で言う「脾」 とは、脾臓のことだけでなく胃腸を含めた消化器全体の働きを意味します。        
脾が湿邪におかされ、気のめぐりが悪くなると、頭重、口の粘り、みぞおちのつかえ、むくみ、食欲不振、吐き気、
腹痛、疲れ、だるさ、おりものや痰が増えるなどの症状が出やすくなります。
健脾作用、利湿作用、行気作用のある食材を一緒に摂ると効果的です。      
疲れたときは甘味で調整するとよいのですが、甘味の食材は湿が付きやすいので摂りすぎに注意しましょう。

  • 健脾作用のある食材:脾の働きを正常にする
  • 利湿作用のある食材:湿邪をお小水として排出する
  • 行気作用のある食材:気のめぐりをよくする
  • 最初に野菜たっぷりカップを食べていただくのには"訳"がある・・・
  • 大きめ野菜には"訳"がある・・・
  • 食べるドレッシングのヒミツ
  • 野菜たっぷりのヒミツ

ヒミツの中身はお店で確かめてくださいね!

生産者:伊藤農園
おいしく安心・安全なお野菜をお届けしています!
お客様とともに農地を再生・維持し、農業の理解・経験を深め私たちの生活の基盤である「食」の安心安全の普及と自給率向上を目指し、広く食育を普及するため、市民農園や農業体験イベントなども行っています!

生産物:有機無農薬野菜、低農薬野菜
生産地:愛知県稲沢市、大府市

生産者紹介
自然の薬箱 カフェ&キッチン
ご予約はこちらから/Tel.052-734-3037
営業時間/11:00〜21:00(ラストオーダー20:00)
定休日/水曜日
Cafe&Kitchen facebook
ページトップ