シアバター入りみつろうクリーム♪の作り方

今年もあとわずかになりましたね。
寒さも厳しくなってきました。

私はもともと手のひらの皮膚が丈夫で
めったに荒れたりしないのですが、
この時期だけは手先が少しかさつきます。

仕事柄、手荒れは避けたい!ので
手袋と、ハンドクリームは必須アイテムです。

今年は良いシアバターが手に入ったので
シアバターとミツロウ、ライスキャリアオイル
を使ったハンドクリームを作ってみました♪♪

★材料
シアバター 2g ミツロウ3g
ライスキャリアオイル15ml
精油3滴

★用意するもの
耐熱ガラスビーカー つまようじ
クリームを入れる容器(22~25ml入るもの)
IHコンロと小さいお鍋(湯煎するため)

 

 

 

 

 

 

① ガラスビーカーの中に
シアバター、ミツロウ、
キャリアオイルを入れて
湯煎します。

 

 

 

 

 

 

 

溶けてきました。

 

 

 

 

 

②全部溶けたら、クリーム容器に移します。
(熱いので気をつけてください。
ビーカーの上の方を持ち、軽く周りの水分を拭いて下さいね)

 

 

 

 

 

 

③粗熱が取れるまで少し待ちます。目安は、ふちが少し白っぽくなるまでです

④少しふちが固ってきたら、精油を3滴落とし、つまようじでふちをこそげとるようにくるくると混ぜます。よく混ぜ合わせて、冷めてきたら蓋をして、しぃーっとりなめらか、心地よい香りのハンドクリーム完成です!!

 

容器に作成日や使用した精油などを
記載しておきましょう。
材料や器材をそろえるのが大変!という方は
アロマクラフトを作ることができる講座や、
ワークショップに参加してみると良いですよ。

自然の薬箱ではアロマテラピーはじめの一歩、
アロマ香るシアバター入りみつろうクリーム作り
を1/10・1/13に開催します。

 

たくさんの精油の中からお好きな精油を
選んで、自分だけのアロマハンドクリームを
作ってみませんか?

詳細はこちらから

アロマセラピストによるアロマのおはなし2

『ゆず』

ここ数日、めっきり寒くなり、日中仕事をしてふと気がつくと窓の外はほの暗く、もうそんな(暗くなるような)時間かしら?と時計に目をやる日々です。日が短くなりましたね。

今年の冬至は12月22日だそうです。冬至を過ぎたらまた日が長くなる。そんなことを考えるにつけ、わたしたちは自転する星のうえ、太陽とともに生きているんだなあ~としみじみ感じ入ってしまいます。

子供のころから冬至には当たり前のように柚子風呂にはいっていました。昨今の合理的な暮らしのなかで、シャワーはともかく、ゆっくり湯舟につかる習慣がなくなっているように見聞きすることがありますが、柚子風呂の習慣は日本に根付いていると信じていますが。。。。

柚子を浮かべるだけで自宅の小さなお風呂場が温泉宿の温泉になったかのように、柚子の良い香りが漂い、お湯はほんのりまろやかに、体は温まって、『あ~~~気持ちいい!』などと声に出したりして、至福の時を味わうことができますね。

柚子の皮をすりおろしたり細く線切にしてお料理に用いたり、少し甘く煮詰めてジャムやユズ湯にしたり、日本の生活の中に溶け込んでいる柚子。

日本に住み・暮らす者にとって、DNAに刻まれているといっても過言ではない「柚子の香りによる癒し」はアロマテラピーそのものではないでしょうか。ご年配の方やアロマテラピーになじみのない方にも受け入れやすく、リラックス効果はもちろん、心と体を温め元気にしてくれます。

柚子の代わりに、柚子の精油使ってもいいですね。
1~2滴お風呂に垂らしてもよいですし、朝起きて手がこわばっている時や気分転換したい時には、お湯を張った洗面器に精油を垂らして芳香浴と手浴を。手浴だけでも上半身がゆるむのを感じられますよ♪

全身リラックスをされたい方には、自然の薬箱アロマテラピールームでのアロマトリートメントがおススメです。日本の森から生まれた『Yuica』の柚子精油もお選びいただくことができます。もちろん販売もしていますので、ご自宅で使われたい場合には、お気軽にスタッフにお尋ねください。この冬は、柚子の香りで日本の冬気分を存分にご堪能くださいね☆

(光)

 

 

『冬の養生コース(アロマトリートメント)』が始まります。

自然の薬箱のアロマケアルームには 漢方薬局や鍼灸ルームに併設されているここならではのコースとして東洋医学のアイデアを取りいれた『季節の養生コース』があります。

冬の季節に注意すべきポイントは『寒邪』。

寒さで体が冷えると血流が滞り、肩や首のコリを強く感じたり、むくみやだるさも出やすくなります。空気も乾燥しますので、便秘になったり、免疫力も落ちやすくなります。

冬の養生コースでは 通常の背中・デコルテに加えてお腹、そして、冷えなどに対応する腎経・膀胱経のツボを刺激する脚後面のトリートメントにリフレクソロジーも行います。

使用する精油は 温めてリラックスできる2種類の薬箱オリジナルブレンド精油からいずれかをお選びください。

プラナロム社のゼラニウム・ジュニパー・ローズマリー・パチュリ・・・などをふんだんに使用した『ぬくもりブレンド

YUICAのやすらぎブレンドに加え、ダイダイをたっぷりと使った『やすらぎオリジナルブレンド』 

施術後にお出しする養生のための薬膳茶『三花温巡茶』は、華やかで豊かな香りとそのビジュアルがスタッフの間でもとても人気のあるお茶です☆ ジャスミン茶をベースにマイカイカやジャスミンの花、クコの実など、高価なのはもちろん、それ以上に白と深紅の色の対比が目にも鮮やかで、ほんのり香る金木犀の香りも他の花の香りとハーモニーになって、乙女ゴコロをくすぐるのです。心も体もほっこりとリラックスできますね。

今の季節にだけ体験できる『冬の養生コース』で寒邪を追い払ってしまいましょう。寒い冬を皆様がどうか健康にすごせますように♪