12/2 木曜日開催イベントレッスン!
太陽礼拝で2021年の垢落とし&2022年へ繋がるエネルギーを!はじめての方・単回参加も大歓迎♪

体・心・魂を繋ぎ整える毎日の習慣にとってもお薦め!
12のポーズに込められた感謝と愛を捧げ、ゆだね、シンプルな自分へ、Oneness !
【女性限定レッスン】
アクティブ度:★★☆
 
今回は、木曜日のレギュラーレッスンの「豊かに生きる女性のケアヨガ」として行っている内容の総復習のイベントレッスンです。復習といっても、もちろんはじめての方にも楽しんで頂ける内容です。
アサナ(ポーズ)、プラーナヤーマ(呼吸法)、バンダ(エネルギーロック)、瞑想を組み合わせ、太陽礼拝を深めるレッスン内容です。
女性のケアヨガレッスンで、更年期障害の緩和や閉経後の病気の予防にもお薦めしている「週5/1日30分以上の有酸素運動」や、お家で何をしたらいいのかわからない方にも、ぜひ習得していただきたいレッスン内容です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【レッスン内容】
1. 太陽礼拝に込められた「感謝と愛」
・12のポーズで捧げる祈り
・半日(12時間)、1年(12ヶ月)、一生のライフサイクル

2. 太陽礼拝をすると、どんな効果があるの?
・身体と心に「強さ・しなやかさ・バランス」をもたらす
・自と他の融合(oneness)
・自律神経や新陳代謝のバランスを整える
・呼吸器、生殖器、循環器、消化器、神経系、内分泌系を整える
・繰り返しおこなわれるリズム運動の効果で「幸せホルモン セロトニン」の活性

3. 実践編〈読解・Flow〉
<読解>
① まずはアライメントをしっかり体得し、省エネで最大限のパフォーマンスを!身体を痛めない使い方を練習
・インナーユニットをきちんと使いながら、「背骨」を意識したダイナミックな動き
・目線・頭の位置(平衡感覚)・深部感覚+セントレーション
② 呼吸・視点(集中)・バンダ(エネルギーロック)の3つを連動し、内側への意識を高める
③ 7つのエネルギーセンター チャクラを意識してアサナを深める
<Flow>
太陽礼拝 Flow !!!

 

STORES 予約 から予約する

※STORES予約システムを利用しています。
はじめて予約される方はご登録画面が表示されますので、入力してお進み下さい。

▼担当インストラクター
Shino
<インストラクタープロフィール>
大学在学中、ストリートチルドレンを支援するNGOやブラジルのスラムでのボランティア活動後、日本で中学・高等学校の英語教諭となる。第二子出産後、長く続けていたヨガをさらに深めたいと思い、解剖学やRYT、哲学など様々なティーチャートレーニングで学びを深め、現在はエビデンスに基づく身体と心のケアとしての女性ケアヨガとインドの古典ヨガをベースにヨガを伝えている。
<保有資格>
・インド政府公認 ハタ・セラピー・哲学 指導者
・産婦人科医監修 骨盤底筋トレーニング 指導者
・産婦人科医監修 マターナルヨガ(産前・産後)指導者
・婦人科スポーツ医学集中講座 修了
・スポーツ医学専門コース 修了
・RYT200 取得
・Thai Vedic body work level1 修了
・アナトミック骨盤ヨガ 指導者 
・ムーンサイクルヨガ 指導者
・ヨガニードラ 指導者
・IYC女性のための安心ヨガ講師

 

INFORMATION

日 時
12/2 木曜日 11:00~12:30(90分)
※要予約・原則 前払い制

参加費
各回3,500円(税込)
※回数券(+500円)利用可  ※他割引チケット利用、払戻、振替不可。

【 イベントレッスン料金のお支払に関する注意事項】
予約時にお支払い方法で、回数券をご利用いただいたお客様は、レッスン当日に漢方相談薬局にて差額の<500円>のお支払いをお願い致します。

STORES 予約 から予約する

※STORES予約システムを利用しています。
はじめて予約される方はご登録画面が表示されますので、入力してお進み下さい。

予約に関しての注意事項
申込期限:開催3時間前までにお申し込みください。
※申込期限以降にご参加希望の場合は、お電話にてお申し込みを願いいたします。

当日受付:1階 漢方相談薬局 回数券ご利用の方は受付にて500円のお支払いをお願いいたします。
会 場:自然の薬箱 4Fスタジオ

持ち物:
動きやすい服装、レッスン中の水分補給用のお飲みもの、汗ふき用タオル

定 員:
8名

※現在、感染予防の観点より、スペースを確保するため少人数制にて開催しております。
その他、手指消毒剤を設置、スタジオ内の換気、クラス終了後とのエタノールの噴霧を行います。
また、レッスンごとのスタジオ内、関連施設の清掃、ウイルス除去に努めます。
弊社スタジオの感染症予防対策の取組についてはこちらをご覧ください。