春の過ごし方

今年はなかなか春が来ないですね、と
お客さまともよく話しておりましたが
春分を過ぎて、桜も開花して、一気に春めいて来ましたね

 

 

 

 

 

通りすがりの沈丁花も可愛く花開き、よい香りを漂わせています
沈丁花はアロマテラピーではよく耳にするリナロールという
リラックスを促す香り成分も多く含んでいるようです
この沈丁花、夏の梔子や秋の金木犀と並んで日本の三大香木なんだそう

春になり気候がよくなってくると散歩をするときに
視覚だけでなく嗅覚も刺激されるようになって楽しいなと感じます

薬膳では、花の香りや柑橘系の香りは
『理気(気をめぐらせる)』の働きをすると言われていて
春の養生アロマボディトリートメントコースでお出ししている
『美爽茶』にもマイカイカという花が含まれています

食べ物のお話をもうひとつ
春になると苦味のある食べ物が増えますね
デトックス効果がある、なんてことも聞かれますが
苦味成分は消化機能をアップするチカラがあるそうです

香りのある食材で寒い季節に滞りがちな気を巡らせたり
また、苦味のある食材で冬に溜め込んだものをデトックスしたり
身近な食べ物やお花の香りを
春の生活にとりいれてみてはいかがでしょう?

春の養生

 

 

 

 

 

 

ここ1、2週間でしょうか
やっと春が来そうですねぇ・・・なんて
お客さまとお話するようになったのは

今年は春一番も例年より遅かったり
なんとなく春の訪れそのものがゆっくりな気がします

それでも花粉症や目のトラブル、頚肩のコリ・ハリなど
春らしい症状やお悩みでご来店の方も増えてきました

東洋医学では寒邪(かんじゃ)と言われる、
寒さによる下半身に多かったトラブルから
風邪(ふうじゃ)が上半身にもたらすトラブルが春は増えると考えます

先日、スタッフ勉強会でも
春という季節やその季節のからだのこと、
春に起こりやすいからだのトラブルなどについて話しあいをしました

トラブルの予防方法や対処方法はひとつではありません
より適したものをお伝えしておりますが
その方の好むもの、心地よいものを
ぜひ探して、試して頂きたい、とも思います

自然の薬箱ではカフェのメニューも春メニューになり
ボディケアルームでの養生アロマトリートメントコースが春コース
になりました

春は新しい生活に切り替わったりと忙しく、
疲れのでる季節でもあります
ぜひ、春を伸びやかに過ごすためにも
ぜひお体のケアにいらしてください

漢方薬局・鍼灸室でも春の養生についてアドバイスしておりますよ

サクサクで、大人気♪

 

 

 

 

これ、何だかわかりますか?

青くて、姫りんごみたいなんですが
これ、棗【なつめ】です

下の写真の赤いドライ棗は
どこかで見かけたことがある方も多いかもしれませんね

 

 

 

 

 

 

 

中国や台湾、韓国のお土産としてみかけることもありますし
最近では日本でも輸入食材屋さんだけではなく
ちょっとおしゃれな?スーパーなどでもみかけるようになりました

青い生のなつめはシャリシャリしていて食感も姫りんごに似ています

赤いドライなつめはフワフワとしていて甘みも強くて美味しいです
また、漢方やお茶、韓国のサムゲタンなどにも入れたりします

そして、3つめ、サクサクのなつめ
これが手軽で、とっても美味しくて、大人気のなつめチップです

 

 

 

 

 

 

自然の薬箱の1階漢方薬局の人気商品で
5階ボディケアルームでは
トリートメント後のお茶菓子としてお出ししています

本当にクセになる美味しさなので
買って帰りたい!と言う方も多く、今は5階にも少し置いています
ぜひ、まずトリートメントの後のティータイムで楽しんでください♪

まずは美味しい!ということが大事ですが
薬膳食材でもある棗のいいところを少し♪

3000年前くらいから栽培されているという棗
中国では日常的に食されていて
『大棗(なつめのこと)を使わない漢方医はいない』
とか
『1日3個のなつめを食べれば、年をとっても老いが現れない』
とか
いわれるほど血を増やし、脾胃(消化器)を丈夫にし
滋養強壮に有効といわれています
また、免疫力を高めたり、アレルギー反応を抑えたり
イライラ、不眠などの心身の疲れにも有効とか・・・
こんなに魅力的で、しかも美味しい!(2回目)
・・・というわけで、紹介せずにはいられなかったなつめチップ♪

スタッフのおすすめも時々更新していきますね