アロマセラピストによるアロマのおはなし『カモミールジャーマン』

少しずつ日が長くなり、太陽が顔を出す時間も早くなってきました。今年の大寒は1月20日だったそうで、しかしながら年末から全く雪の降らない今年の名古屋の気候は、これまでの常識とは違う時代にはいったのかなあ、、、などと考えてしまいます。

さて、今日の話題は小さな太陽のような花の姿が愛らしい『カモミール』。

眠れない夜やリラックスしたい時のハーブとしてよく名前のあがるカモミールは、ピーターラビットの童話にも登場し、ヨーロッパでは昔から常備薬のようにして庭に植えられていたそうですね。

ハーブティーに使われるこのカモミールは アロマテラピーの現場において『カモミール・ジャーマン』として知られています。カマズレンという成分が抗炎症・抗ヒスタミン作用に優れていて、アレルギーやアトピー性皮膚炎などで荒れた皮膚や乾燥してかゆみのある皮膚・傷ついた皮膚の再生にとてもオススメの精油です。青い色をしたこの精油の香りは ハーブティーの甘くリラックスさせる香りとは裏腹に、少し刺激のあるお薬のような香りです。しかしながら、嗅いでいるうちにどこか遠いところで甘ーく癒される感じ。。。。。この香りが私は大好きです♪

ちなみに『カモミール・ローマン』のほうは、精油そのものからリンゴのような甘い香りがして、こちらは癒し効果が絶大!冬の乾燥肌が気になる方はぜひ『カモミール・ジャーマン』の香りと、お肌すべすべ効果を試しにいらしてくださいね。『カモミール・ローマン』との嗅ぎ比べもお楽しみいただけます☆彡

 

5階ボディケアルームでお待ちしております♪

(光)

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶が大変おそくなってしまいましたが、お正月明けの営業開始から、おかげ様で忙しくさせていただいておりました。皆様それぞれにお正月を楽しまれ、のんびりされ、ご家族と温かく過ごされたお話をお聞きしてうれしく思う一方で、お疲れや冷えなどもためておられたのだなあ と感じる次第です。

この時期は新年会なども多くなるようですが 暴飲暴食などなされませんよう、また血行不良などにもお気をつけて、体内エネルギーを滞りなく巡らせていきましょう☆彡

また、新しい年になにか新しいことを始めてみたい方には、自然の薬箱でアロマやハーブの勉強をスタートしてみるのもいいかもしれませんね。まだお申込みが間に合うコースもあるようですので、ホームページでご確認してみてください.

https://five-r.co.jp/

今年もみなさまにとって幸せな一年になりますように。

またお会いできますことを楽しみにお待ちしております。

(光)

 

シアバター入りみつろうクリーム♪の作り方

今年もあとわずかになりましたね。
寒さも厳しくなってきました。

私はもともと手のひらの皮膚が丈夫で
めったに荒れたりしないのですが、
この時期だけは手先が少しかさつきます。

仕事柄、手荒れは避けたい!ので
手袋と、ハンドクリームは必須アイテムです。

今年は良いシアバターが手に入ったので
シアバターとミツロウ、ライスキャリアオイル
を使ったハンドクリームを作ってみました♪♪

★材料
シアバター 2g ミツロウ3g
ライスキャリアオイル15ml
精油3滴

★用意するもの
耐熱ガラスビーカー つまようじ
クリームを入れる容器(22~25ml入るもの)
IHコンロと小さいお鍋(湯煎するため)

 

 

 

 

 

 

① ガラスビーカーの中に
シアバター、ミツロウ、
キャリアオイルを入れて
湯煎します。

 

 

 

 

 

 

 

溶けてきました。

 

 

 

 

 

②全部溶けたら、クリーム容器に移します。
(熱いので気をつけてください。
ビーカーの上の方を持ち、軽く周りの水分を拭いて下さいね)

 

 

 

 

 

 

③粗熱が取れるまで少し待ちます。目安は、ふちが少し白っぽくなるまでです

④少しふちが固ってきたら、精油を3滴落とし、つまようじでふちをこそげとるようにくるくると混ぜます。よく混ぜ合わせて、冷めてきたら蓋をして、しぃーっとりなめらか、心地よい香りのハンドクリーム完成です!!

 

容器に作成日や使用した精油などを
記載しておきましょう。
材料や器材をそろえるのが大変!という方は
アロマクラフトを作ることができる講座や、
ワークショップに参加してみると良いですよ。

自然の薬箱ではアロマテラピーはじめの一歩、
アロマ香るシアバター入りみつろうクリーム作り
を1/10・1/13に開催します。

 

たくさんの精油の中からお好きな精油を
選んで、自分だけのアロマハンドクリームを
作ってみませんか?

詳細はこちらから

アロマセラピストによるアロマのおはなし2

『ゆず』

ここ数日、めっきり寒くなり、日中仕事をしてふと気がつくと窓の外はほの暗く、もうそんな(暗くなるような)時間かしら?と時計に目をやる日々です。日が短くなりましたね。

今年の冬至は12月22日だそうです。冬至を過ぎたらまた日が長くなる。そんなことを考えるにつけ、わたしたちは自転する星のうえ、太陽とともに生きているんだなあ~としみじみ感じ入ってしまいます。

子供のころから冬至には当たり前のように柚子風呂にはいっていました。昨今の合理的な暮らしのなかで、シャワーはともかく、ゆっくり湯舟につかる習慣がなくなっているように見聞きすることがありますが、柚子風呂の習慣は日本に根付いていると信じていますが。。。。

柚子を浮かべるだけで自宅の小さなお風呂場が温泉宿の温泉になったかのように、柚子の良い香りが漂い、お湯はほんのりまろやかに、体は温まって、『あ~~~気持ちいい!』などと声に出したりして、至福の時を味わうことができますね。

柚子の皮をすりおろしたり細く線切にしてお料理に用いたり、少し甘く煮詰めてジャムやユズ湯にしたり、日本の生活の中に溶け込んでいる柚子。

日本に住み・暮らす者にとって、DNAに刻まれているといっても過言ではない「柚子の香りによる癒し」はアロマテラピーそのものではないでしょうか。ご年配の方やアロマテラピーになじみのない方にも受け入れやすく、リラックス効果はもちろん、心と体を温め元気にしてくれます。

柚子の代わりに、柚子の精油使ってもいいですね。
1~2滴お風呂に垂らしてもよいですし、朝起きて手がこわばっている時や気分転換したい時には、お湯を張った洗面器に精油を垂らして芳香浴と手浴を。手浴だけでも上半身がゆるむのを感じられますよ♪

全身リラックスをされたい方には、自然の薬箱アロマテラピールームでのアロマトリートメントがおススメです。日本の森から生まれた『Yuica』の柚子精油もお選びいただくことができます。もちろん販売もしていますので、ご自宅で使われたい場合には、お気軽にスタッフにお尋ねください。この冬は、柚子の香りで日本の冬気分を存分にご堪能くださいね☆

(光)

 

 

『冬の養生コース(アロマトリートメント)』が始まります。

自然の薬箱のアロマケアルームには 漢方薬局や鍼灸ルームに併設されているここならではのコースとして東洋医学のアイデアを取りいれた『季節の養生コース』があります。

冬の季節に注意すべきポイントは『寒邪』。

寒さで体が冷えると血流が滞り、肩や首のコリを強く感じたり、むくみやだるさも出やすくなります。空気も乾燥しますので、便秘になったり、免疫力も落ちやすくなります。

冬の養生コースでは 通常の背中・デコルテに加えてお腹、そして、冷えなどに対応する腎経・膀胱経のツボを刺激する脚後面のトリートメントにリフレクソロジーも行います。

使用する精油は 温めてリラックスできる2種類の薬箱オリジナルブレンド精油からいずれかをお選びください。

プラナロム社のゼラニウム・ジュニパー・ローズマリー・パチュリ・・・などをふんだんに使用した『ぬくもりブレンド

YUICAのやすらぎブレンドに加え、ダイダイをたっぷりと使った『やすらぎオリジナルブレンド』 

施術後にお出しする養生のための薬膳茶『三花温巡茶』は、華やかで豊かな香りとそのビジュアルがスタッフの間でもとても人気のあるお茶です☆ ジャスミン茶をベースにマイカイカやジャスミンの花、クコの実など、高価なのはもちろん、それ以上に白と深紅の色の対比が目にも鮮やかで、ほんのり香る金木犀の香りも他の花の香りとハーモニーになって、乙女ゴコロをくすぐるのです。心も体もほっこりとリラックスできますね。

今の季節にだけ体験できる『冬の養生コース』で寒邪を追い払ってしまいましょう。寒い冬を皆様がどうか健康にすごせますように♪

お灸と鍼(はり)のこと


お隣高牟神社の銀杏はまだ緑の葉っぱですが
立冬を過ぎてからぐんと冷え込んでいて
黄色くなるのもすぐかな、
と思って眺めています

ぐんと冷えるといえば、
やはりこの季節はお灸が本領発揮しています
温かいというだけで心までほっと緩みますね

お腹にそっと小豆の温灸をのせるだけでも
からだもこころもほくほくしてきますし
せんねん灸でセルフケアをされている方は
きっとぬくぬくと過ごされているでしょう

セルフケアのお灸、
まず何を揃えればいいのか
どこにお灸をすればいいのか
ちょっとした疑問で踏み出せずにいる方
ぜひ鍼灸師とお灸をしてみませんか?→♪

11月28日のお灸教室のテーマは
冬の養生~冷えないカラダへ温め力UP教室~
です

セルフケアについては
鍼灸の施術を受けて頂いた方にもお伝えしています
鍼灸師とマンツーマンでお話されたい方は
ぜひ一度、鍼灸施術を受けてみてください→♪

鍼灸師の行う鍼(はり)やお灸に興味のある方の中に
鍼は痛いかも?お灸は熱いかも?と心配される方も
かなりいらっしゃるように思います

そんな方にはご要望をお聞きしながら
ささない鍼や熱くない(温かい)お灸を使って
施術をしています
ご質問のある方はお気軽にお電話くださいませ
自然の薬箱 ボディケアルーム 052-734-3009

紅葉前線、南下中

この三連休はまずまずの行楽日和でしたね。
紅葉前線の進みは例年より遅いものの
北関東くらいまで南下してきているとのこと。

名古屋市内の日中はまだまだ温かですが、
岐阜まで足を延ばすと山が赤や黄に染まって来ています。

日中は温かと言った名古屋ですが、
朝夕の冷え込みは、あぁ、冬が来るなと
思わせてくれるものになってきました。

11月8日には立冬を迎えます。

そろそろからだの冬支度も始めませんか?
鍼灸室ではお灸を据える機会が増えてきています。
鍼灸室でのお灸やびわ温灸もおすすめですが、
セルフ灸を学ぶお灸教室もぜひ受けて頂きたいです。

寒いな、といつもより少し早く目覚めた朝
お布団に入る前にしっかり温まりたい夜
お手軽にできるお灸をお伝えしています。

冬の養生のお灸教室は11月28日木曜日の14時半からです。
今年最後のお灸教室です。ぜひ、いらしてください。

お灸教室の申し込みはこちらから⇒

鍼灸室へのお問い合わせはこちらから⇒

 

アロマセラピストによるアロマのおはなし その1

『クローブ(丁子)』

台風一過。さわやかな秋晴れの名古屋です。
台風被害にあわれた方には お見舞いを申し上げるとともに、一日も早い回復をお祈りいたします。

さて、朝に晩に涼しくなり、そろそろ秋本番といったところでしょうか。夏の時期はすっきりした香りが心地よかったけれど、秋の気配とともに すこし、こっくりと濃いめの香りがぐっときます。

まったく個人的な好みではありますが、この時期に嗅ぎたくなるのはシナモンやクローブのように少しスパイシーな香り。ほのかに甘味を感じるチャイ(スパイスの効いた紅茶)のようで、気持ちが穏やかにあったかくなります。とりわけクローブの香りは、特にオレンジの甘い香りと合わせて用いると、クリスマス時期によくみられるようになった『オレンジポマンダー』のような香りがして、とてもハッピーな気分になります。

ポマンダーの歴史をさかのぼると、中世ヨーロッパに人々を震撼させた『ペストの流行』に行き着くようです。タイム、ローズマリー、セージなどとともに殺菌・抗菌作用の強いとされるハーブを束ね、首からぶら下げて、病から身を守ったそうです。魔除けとかお守りとか言われる所以はここにあったのですね。

今では日本でも、冬のスローライフのシンボルになったオレンジポマンダー。寒く長い冬の日に、丁子をひとつ刺す毎に、オレンジの甘い香りを感じる豊かな時間。蜜柑や檸檬や柚子でつくってもよさそうです。わたしは蜜柑にさしてみましたよ。

そして、ボディケアルームでも1階の薬局でも『クローブの香り』をお試しいただけます。秋冬のお勧めの香り、どうぞご堪能ください。抗菌効果も期待されるそうですから、風邪が流行ってくるこれからの季節、お部屋に香らせてもよいですね♪先日ボディケアルームで香らせてみたところ、別のお部屋におられたお客様が『チャイみたいな香りがするわ』とおっしゃっていましたよ。

(クローブは香りと刺激の強い精油ですので、使用容量にはご留意なさってください。ほんの少量で十分です。)

=====

さらに そんなクローブ(丁子)を使った【オレンジポマンダーづくり】のミニ講座が『自然の薬箱』で開催されます。ぜひこの機会に体験してみませんか☆彡

10月・11月ハーブクラフトミニ講座ハーブピクルス(10月)&オレンジポマンダー(11月)

火を使わないお灸、ご存知ですか?

9月に入ってからの残暑も落ち着き
ようやく過ごしやすい季節になりました

その残暑で免疫力が低下したせいか
新学期が始まってアデノウィルスやRSウィルスなど
夏風邪が流行っているとのことですが
確かに時々「コホコホ、コホコホ」と乾いた咳の音が聞こえます

からりとした気持ちのよい秋の風も
炎症で傷つき過敏になった気管支には厳しいようです

そんなときの食事には肺を潤す作用のある
銀杏、里芋、キノコ類やいちじく、梨など
秋に旬を迎える食べ物たちが強い味方となります

そしてもうひとつ、
風邪による微熱が収まったら※、気管支をいたわるお灸をしましょう
(※微熱の続く間はひんやりクールダウンをお勧めします)
ただし、咳の場合はお灸の煙が刺激となるので
火を使わないお灸「世界」がお勧めです

鎖骨のVライン下の、ネクタイのような形をした胸骨
襟元から見えないように胸骨の上に「世界」を一枚
ペタッと貼ってその下を通る気管支周囲の血流を改善します
これ、意外と効果的な咳予防です、お試しくださいませ!

せんねん灸の火を使わないお灸「世界」については
ボディケアルームをご利用の方にはバラでの販売を
一階では箱入り(3枚入り・12枚入り)の販売をしております。

『秋の養生コース(アロマトリートメント)』が始まっています

自然の薬箱のアロマケアルームには、漢方薬局や鍼灸ルームに併設されている ここならでは のコースとして東洋医学のアイデアを取りいれた『季節の養生コース』があります。ご存知でしたか?

秋の季節に注意すべきポイントは『燥邪』。夏の間に水分を失った身体にとって『乾燥』が思わぬ不調を招く原因となるのです。

特に外気と接する呼吸器やお肌はダメージを受けやすくなるので この季節には『保湿・滋潤』を心がけることが大切です。

 

秋の養生コースでは 通常の背中・脚・デコルテの施術に加え、肺経に沿ったツボを刺激するアロマトリートメント(主に腕)を行います

 

そして、使用する精油は 潤すためにブレンドした2種類のオリジナルブレンドからいずれかをお選びください。

  1. プラナロムの サイプレス・フランキンセンス・ジャスミン・サンダルウッド・・・など をふんだんに使用した 『うるおいブレンド』
  2. YUICAの きよらかブレンドに加え、ゆずをたっぷりと使った 『きよらかオリジナルブレンド』 

 

施術後にお出しする養生のための薬膳茶『二果温補茶』もとてもオススメです。紅茶・杜仲茶などをベースに 温まる桂皮、ゴロゴロと大きく刻まれたドライ無花果(なつめ)・・・・。飲むだけでは勿体ないくらいおいしそうなドライフルーツが入ったお茶なんですよ。これで心も体も潤いますね。

今の季節にだけ体験できる期間限定の『秋の養生コース』。しっかり潤いを蓄えて、来たる冬に備えてみませんか?