夏老け肌を予防する~STEP1
クリーンアップ6/1~7/31

毛穴詰りや紫外線、冷房で疲れたお肌を、泥パックでリセット!

夏のお肌の状態は、気温や湿度が高くなり、皮脂の分泌量が増え、べたつき、
毛穴も詰まりがちになります。そして紫外線から身を守るために角質が厚くなるので、肌触りもごわつきがちに。

そんな肌状態では、いくら化粧水や美容液をたっぷりつけてもしっかり入りません。
そこで夏に取り入れたいケアが、BIOLABの泥パック、『マスクパッドネトワイヤン』

ミネラルを含む天然泥と保湿効果のあるハーブが、毛穴の奥の汚れや詰まった皮脂を吸着させ、肌のコンディションを整え、その後のケア、化粧水やパック、美容液の浸透を良くします。

この『マスクパッドネトワイヤン』を 取り入れたコースが
サマーアンチエイジングのSTEP1『クリーンアップコース』

泥パックで、お肌をしっかりリセットした後は、
エイジングケア美容液の『セラムメルヴェイユ』をふんだんに使った
リフトアップドレナージュ&パック

BIOLAB美白力NO.2の(NO.1は美白美容液のジェルブランシサン)
エミュルジオンピュール(乳液)を使ったフェイシャルトリートメント
や、鎮静と引き締めパックを使いお肌をプルプルに整えていきます。

詳細はこちらから

植物療法から生まれたBIOLABのパックや美容液をふんだんに使った
お得なスペシャルケアです。
ここだけの話、お得にしすぎちゃったかなとも…
とはいえ、ここから続くSTEP2・STEP3を回数券でご利用いただくと
『セラム キュイールシュヴリュー』使用のリフトアップヘッドオプション15分(2160円)
が初回は無料で付くという本当にお得なお話(^^)

ぜひこのコースのスッキリ、もちもち感をお試しください!!

 

 

 

 

夏老け肌を予防する!

夏は紫外線を予防する!というのはもう常識ですが
紫外線をなぜ防がなくてはいけないのか、というお話

紫外線を浴びると『活性酸素』が発生しますが
この『活性酸素』なぜ、発生するのでしょう?

私たちカラダには体内に有害な異物※が侵入したとき
それらを攻撃してくれるチカラが備わっています
※紫外線・最近・ウィルス・化学物質など

それが『活性酸素』なのです

悪者イメージの強い『活性酸素』ですが
実は、私たちの体を守るためにも必要なものなのです
ただし、必要以上の発生は私たちの細胞までも
攻撃し、健康被害をもたらすことがあるので要注意!!
この『活性酸素』からの受けたダメージは
肌トラブルでははシミ・たるみ・色素沈着などとして現れます

『活性酸素』からのダメージを抑えるためには
『活性酸素』が発生する要因となる紫外線などの侵入を防ぐ
(UVカットの化粧品や日傘、サングラスを使う)
もしくは
『抗酸化物質』を体内で作ったり、取り入れたりすることです

高い抗酸化作用が期待されているフィトケミカルを用いた
バイオラブの化粧品ラインナップをふんだんに使用した
サマーアンチエイジング・リフトUPプログラム

この夏は、夏老け肌を予防する3ステップのプログラムを取り入れて
ハリのあるつやつや肌で秋を迎えましょう

次回から3ステップの各コースの説明をブログに書いていきます!

梅雨の養生

前回、梅雨という季節のことや
カラダにおこる変化のことなどを書きました

まだ、梅雨入りはしていないですが
だいぶ気温も上がり、ジメッとした日などは
不快指数が高くて体調を崩される方も多いのではないでしょうか

体調を大きく崩さなくても、カラダにむくみが出ていることは
梅雨の養生が必要なサイン
カラダや頭がだる重い、めまいや頭痛がする、などの不調が出る前に
アロマやお灸でセルフケアしてみましょう

例えば、足のむくみ
カラダの中でも下のほうに溜まるお水は冷えるとより下に向かいます
(お風呂の湯船でも熱いお湯は上へ、冷たい水は下へいくのと同じです)
暑い日や雨降りの日にはズボンをロールアップしている人も多いかもしれませんが
クーラーや雨による水濡れはますます足をカラダを冷やします

まずは冷やさないことが大切ですが
冷えてしまったときにはアロマフットバスやセルフ灸で温めましょう

アロマフットバスはくるぶしより上まできちんと温めることが大切です!
また、セルフ灸はまずは三陰交!ぜひ、1日1個から始めてみましょう!

ご自分でのケアに迷ったら一度ボディケアルームでのメンテナンスを
鍼灸室ではその日の施術だけではなくセルフケア方法をお伝えします
はりきゅうコースはこちらから

また、アロマトリートメントはぜひ、季節の養生コースをお受けください
梅雨の季節にぴったりな精油ブレンドと薬膳茶を使用しています
季節の養生アロマトリートメントコースはこちらから