高牟神社の銀杏

自然の薬箱のすぐお隣、 高牟神社の銀杏を見上げてみると
まだ緑色の部分もあり、すでに黄色の部分もあり
今まさに黄葉が進んでいるのだな、、、 と思わず写真を撮りました

季節の変化とともに銀杏の葉の色も緑から黄へ変化しますが
季節の移ろいは私たちの身体にも少なからず影響を与えています
とはいえ
私たちの身体は多少の温度変化には順応できるので
季節の変わり目は、身体は順応するために忙しく調整を行なっています
朝夕の冷え込みだけでなく、昼間でも日陰だと寒くなって来たので
この調整が上手くいかない場合は
風邪をひいたり、冷えを感じたり、腰痛が出たり、と冬に特徴的な不調が出やすくなるのです

自然の薬箱のボディケアルームのアロマトリートメントやはりきゅうは
この調整が上手くいかなくなる前に(東洋医学的には未病といいます)
月に1~2回や週に1回というペースで定期的に通われる方が多いように思います

四季のある日本に住んでいると、気温だけではなく、湿度や花粉など
また、季節毎の行事・イベントなど、自然の変化や生活の変化に合わせ
体を微調整しながら日々養生すると大きな崩れを起こさずにすむのだと思います

毎日の養生についてはセラピストや鍼灸師からアドバイスを参考にして頂き
定期的なメンテナンスはぜひボディケアルームでトリートメントやはりきゅうを!

定期的なメンテナンスのための先行予約制度をご用意しています
詳しくはHPをご覧ください
アロマトリートメント⇒こちら
はりきゅう⇒こちら
お問合せはお電話もしくはHP⇒こちら からお願い致します

暦の上では冬

近年、巷ですごく盛り上がっているハロウィン
ハロウィンが終るともう街はクリスマス&お正月の色になっています
(クリスマスケーキやお節の申込みは既に始まってますが・・・)
なんだか気忙しくて疲れてしまう、、、と思うのは私だけでしょうか

でも、今日、11月7日は立冬
暦の上でも、もう冬が始まっていますね
前回も書きましたが、今年は暑さが長かったので
朝夕の冷え込みがより体に堪えているようにも思います

鍼灸の施術に訪れる方には
寝違えを起こした方、腰痛が再発した方、急に膀胱炎になった方など
寒さ・冷えが影響しているのかな、という方がいらっしゃいます

鍼灸室ではりとおきゅうでしっかりと温まって頂くのはもちろんですが
日々冷えにくく生活することのアドバイスなどもお話しています

はりがちょっと怖いんです、、、という方には
体の芯から温まる、びわ温灸のコースもオススメですよ

上に書いたような寝違え、腰痛、膀胱炎などは
疲れが溜まっていると特に出やすい症状です
12月、師走がはじまる前に一度、お身体を休めにこられませんか

鍼灸室のコースについて詳しくはこちらから