カフェ&キッチン

じぶんみつめる。おいしくたべる。からだよろこぶ。

私たちは東洋医学の考え方をもとに、1年の季節を『春・梅雨・夏・秋・冬』の5つに分けて考えます。季節の移り変わりは、気温、湿度、日差しの強さなど自然環境の変化はもちろんのこと、空調による影響や社会とつながっていればこそ暴飲暴食が増える時期など、生活環境も様々に変化します。その変化は時にからだの負担となり、体調を崩す原因となることがあります。

しかし私たちのからだの中には、変化に対応しようとする自然の力が本来備わっています。その自然の力を発揮できるように季節に合わせたケアをお食事に取り入れ、 あなたのからだとこころが元気でいられるように、少しでもお手伝いできる薬箱のような存在でありたいと願っています。
名古屋千種の漢方ハーブカフェ・健康野菜ランチ
ランチ

カフェ

ディナー

カフェは日本野菜ソムリエ協会認定レストランを取得

梅雨のケアポイントは
『健脾』『利湿』『理気』です。

梅雨の時季は、湿度が上がり、湿邪(しつじゃ)の影響でからだの中に湿が溜まりやすくなります。
湿は、脾の働き(胃腸を含めた消化器全体の働き)を鈍らせ、だるさ、むくみ、食欲不振、下痢、腹痛などの症状が出やすくなります。さらに、じめじめとした気候により、気の巡りも悪くなり、気分も滅入って落ち込みがちになります。
そこで、梅雨の時季は、脾胃を養い、からだの巡りを良くして、体内の水はけを良くすることが大切です。

▼梅雨にお勧めの食材は…
『健脾』作用のある食材:消化吸収を促し、脾胃の働きを良くします・・・うるち米 玄米 黒米 もち米 はと麦 いも類 黒豆 大豆 アーモンド 枝豆 とうもろこし 生姜 イワシ ハモ 牛肉 鴨肉 卵 蓮の実 なつめ

『利湿』作用のある食材:からだの余分な水分を取り除きます
・・・玄米 はと麦 緑豆 黒豆 落花生 とうもろこし きゅうり 冬瓜 海藻類 ウーロン茶 紅茶 緑茶
『理気』作用のある食材:気の巡りを良くします・・・そば シソ 玉ねぎ ピーマン らっきょう 柑橘類 酒 赤ワイン ジャスミン茶 マイカイカ ハーブ類

自然の薬箱Cafe&Kitchenのランチには、
あなた想いのヒミツが

・最初にスープやサラダでお野菜をたっぷり食べていただくのには”訳”がある・・・
・大きめ野菜には”訳”がある・・・
・食べるドレッシングのヒミツ
・野菜たっぷりのヒミツ
ヒミツの中身はお店で確かめてくださいね!

◆Information
自然の薬箱2F カフェ&キッチン
ご予約はこちらから/Tel.052-734-3037
営業時間/11:00〜21:00(ラストオーダー20:00)
月曜日は11:00~15:00(ラストオーダー14:30)月曜日が祝日の場合は通常営業。
定休日/水曜日

Cafe&Kitchen facebook

トップページ

総合カレンダー

関連記事

  1. 漢方相談薬局・ヨガ・アロマ・カフェ・キッチン 名古屋千種区

    今週のランチ

  2. 漢方相談薬局・ヨガ・アロマ・カフェ・キッチン 名古屋千種区

    生産者紹介

  3. カフェの献立

  4. ディナー・コース料理

自然の薬箱・会員募集のお知らせ
PAGE TOP