『秋の養生コース(アロマトリートメント)』が始まっています

自然の薬箱のアロマケアルームには、漢方薬局や鍼灸ルームに併設されている ここならでは のコースとして東洋医学のアイデアを取りいれた『季節の養生コース』があります。ご存知でしたか?

秋の季節に注意すべきポイントは『燥邪』。夏の間に水分を失った身体にとって『乾燥』が思わぬ不調を招く原因となるのです。

特に外気と接する呼吸器やお肌はダメージを受けやすくなるので この季節には『保湿・滋潤』を心がけることが大切です。

 

秋の養生コースでは 通常の背中・脚・デコルテの施術に加え、肺経に沿ったツボを刺激するアロマトリートメント(主に腕)を行います

 

そして、使用する精油は 潤すためにブレンドした2種類のオリジナルブレンドからいずれかをお選びください。

  1. プラナロムの サイプレス・フランキンセンス・ジャスミン・サンダルウッド・・・など をふんだんに使用した 『うるおいブレンド』
  2. YUICAの きよらかブレンドに加え、ゆずをたっぷりと使った 『きよらかオリジナルブレンド』 

 

施術後にお出しする養生のための薬膳茶『二果温補茶』もとてもオススメです。紅茶・杜仲茶などをベースに 温まる桂皮、ゴロゴロと大きく刻まれたドライ無花果(なつめ)・・・・。飲むだけでは勿体ないくらいおいしそうなドライフルーツが入ったお茶なんですよ。これで心も体も潤いますね。

今の季節にだけ体験できる期間限定の『秋の養生コース』。しっかり潤いを蓄えて、来たる冬に備えてみませんか?

 

グランコレクション2019 予約受付中♪

こんにちは♪ 自然の薬箱 ボディケアルームです。

パウダールームのお色直しについては昨日お伝えしましたが、今日は展示中のコスメ2点についてお知らせしたいと思います。

 

<その1>

ユイル ドゥ ソワン プルミエール グランコレクション2019

こちらは ムース状に泡立つ美容化粧水(ムースドボーテ)と 美容オイル(プルミエール)がセットになっています。いずれも植物の恵みをふんだんに取り入れているので、ナチュラルで深みのある香りにも癒されます。グランコレクションファンの方はもちろん、自然派の方やご年配のにも納得していただけるものと思います。ご自分へのご褒美に、お母様へのプレゼントにいかがでしょうか?

9月末までにご予約されますと 増税分2%が割引 になり、美容液サシェセットをプレゼント させていただきます。

 

さらに!

 

こちらの ムースドボーテ と プルミエール を使用した『肌美活フェイシャルトリートメント70分 11,000円(税別)』を 期間限定 にて提供いたします♪ しっかり潤いハリツヤもアップするこのコースは お顔とデコルテをたっぷりしっかりトリートメントします。どうぞお楽しみに☆

 

 

<その2>

ナチュラグラッセ メイクアップクリームシアーモイスト 2,800円(税別)

ナチュラグラッセ ルースパウダーシアーモイスト 4,200円(税別)

まず、開けた瞬間に 大人可愛いラベンダーカラーで気持ちがグッとあがります♪ そして香りもほのかで心地よいです。使用感はさらりとしながらつけた瞬間にお肌の透明感がアップする感じ。。。。。スタッフの一推しです♪ こちらもいまだけの限定品になりますので、お早目にどうぞ☆

秋の空と風

 

 

 

 

まだまだ暑い日が続いていますが

今日から新学期、ほっとしているお母さんも多いかもしれませんね

先日、ちょっと気の早いコスモスを見かけることがありました

 

気が早いとは言いましたが

朝夕や日陰には涼しい風が吹いたり

空には秋の雲が出たりしています

暑い暑いとはいってもいつまでも夏の食べ物・飲み物では

カラダが冷えたり乾燥したりします

コスモスや秋の雲を見かけたら、あっ、秋だ!と

カラダのケアも秋仕様に変えてくださいね

例えば・・・

冷たい食べ物・飲物は控える

秋のお野菜(とくに白いもの)をとってカラダの中から潤う

夏以上にお肌の保湿ケアに力をいれる

などなど....

自然の薬箱 ボディケアルームでは

秋の養生 ボディトリートメントコースを行なったり

秋の養生のためのはじめてのお灸教室を開催しています⇒☆

鍼灸室を訪れて、鍼灸師からお一人お一人のお体に合った

おすすめのセルフケア方法を聞いていただくこともできます

まずは、ボディケアルームの☆HPからどうぞ☆

お知らせ

5月より、日曜日にも鍼灸施術を受けていただけることになりました

ゆったり気分の日曜日に夏疲れたお体のケアに是非ご利用ください

 

コスモス(秋桜)について

調べて見ると、秋咲き(10月~11月)のコスモスだけでなく

夏咲き(7月~8月)のコスモス、9月に咲くものもあるそうです

写真のコスモスは夏咲きだったのかな・・・・

~むくみスッキリ~梅雨の養生ボディトリートメントコース

自然の薬箱では、1年を通して心身と向き合い、季節の影響による不調を防ぎ、環境の変化に対応できるカラダをつくるため東洋医学的な考えを取り入れた「季節の養生コース」をご用意しております。
季節がうつろう時、私たちのカラダは気温や湿度の変化についていけないことがあります。
特に梅雨から夏の時期は「湿邪」によるむくみや冷えでカラダが重だるく感じることも。湿邪による不調を感じたら、養生アロマトリートメントで滞りのないカラダを目指しましょう!

※「湿邪」・・体の不調を引き起こす湿気(体の中の余分な水分)のこと。

施術部位は足の背面⇒お背中⇒リフレ⇒足の前面⇒お腹もしくはデコルテのどちらかお選びいただけます。むくんで重たくなった足を集中的にトリートメントするボディ60分コース。

ブログ画像

香りは自然の薬箱オリジナルブレンドオイル2種【かろやかブレンド(プラナロム社精油)orいたわりブレンド(yuica精油)】からお選びいただけます。
かろやかブレンドでは体を温めた後、冷やし、爽快感をもたらす作用のあるペパーミントがブレンドされており、消化器系の不調にもおすすめのブレンドです。
いたわりブレンドでは湿邪による冷えがちなカラダを温め水分循環させていくのにおすすめのショウガ精油がブレンドされています。

トリートメント後は、利水軽快茶で体の余分な水分を排出し、むくみ解消をサポートします。

ブログ画像

自然の薬箱ボディケアルームでは、気持ちよく軽やかになっていただくお手伝いをさせていただきます。

夏老け肌を予防する~STEP1
クリーンアップ6/1~7/31

毛穴詰りや紫外線、冷房で疲れたお肌を、泥パックでリセット!

夏のお肌の状態は、気温や湿度が高くなり、皮脂の分泌量が増え、べたつき、
毛穴も詰まりがちになります。そして紫外線から身を守るために角質が厚くなるので、肌触りもごわつきがちに。

そんな肌状態では、いくら化粧水や美容液をたっぷりつけてもしっかり入りません。
そこで夏に取り入れたいケアが、BIOLABの泥パック、『マスクパッドネトワイヤン』

ミネラルを含む天然泥と保湿効果のあるハーブが、毛穴の奥の汚れや詰まった皮脂を吸着させ、肌のコンディションを整え、その後のケア、化粧水やパック、美容液の浸透を良くします。

この『マスクパッドネトワイヤン』を 取り入れたコースが
サマーアンチエイジングのSTEP1『クリーンアップコース』

泥パックで、お肌をしっかりリセットした後は、
エイジングケア美容液の『セラムメルヴェイユ』をふんだんに使った
リフトアップドレナージュ&パック

BIOLAB美白力NO.2の(NO.1は美白美容液のジェルブランシサン)
エミュルジオンピュール(乳液)を使ったフェイシャルトリートメント
や、鎮静と引き締めパックを使いお肌をプルプルに整えていきます。

詳細はこちらから

植物療法から生まれたBIOLABのパックや美容液をふんだんに使った
お得なスペシャルケアです。
ここだけの話、お得にしすぎちゃったかなとも…

ぜひこのコースのスッキリ、もちもち感をお試しください!!

 

 

 

 

夏老け肌を予防する!

夏は紫外線を予防する!というのはもう常識ですが
紫外線をなぜ防がなくてはいけないのか、というお話

紫外線を浴びると『活性酸素』が発生しますが
この『活性酸素』なぜ、発生するのでしょう?

私たちカラダには体内に有害な異物※が侵入したとき
それらを攻撃してくれるチカラが備わっています
※紫外線・最近・ウィルス・化学物質など

それが『活性酸素』なのです

悪者イメージの強い『活性酸素』ですが
実は、私たちの体を守るためにも必要なものなのです
ただし、必要以上の発生は私たちの細胞までも
攻撃し、健康被害をもたらすことがあるので要注意!!
この『活性酸素』からの受けたダメージは
肌トラブルでははシミ・たるみ・色素沈着などとして現れます

『活性酸素』からのダメージを抑えるためには
『活性酸素』が発生する要因となる紫外線などの侵入を防ぐ
(UVカットの化粧品や日傘、サングラスを使う)
もしくは
『抗酸化物質』を体内で作ったり、取り入れたりすることです

高い抗酸化作用が期待されているフィトケミカルを用いた
バイオラブの化粧品ラインナップをふんだんに使用した
サマーアンチエイジング・リフトUPプログラム

この夏は、夏老け肌を予防する3ステップのプログラムを取り入れて
ハリのあるつやつや肌で秋を迎えましょう

次回から3ステップの各コースの説明をブログに書いていきます!

梅雨の養生

前回、梅雨という季節のことや
カラダにおこる変化のことなどを書きました

まだ、梅雨入りはしていないですが
だいぶ気温も上がり、ジメッとした日などは
不快指数が高くて体調を崩される方も多いのではないでしょうか

体調を大きく崩さなくても、カラダにむくみが出ていることは
梅雨の養生が必要なサイン
カラダや頭がだる重い、めまいや頭痛がする、などの不調が出る前に
アロマやお灸でセルフケアしてみましょう

例えば、足のむくみ
カラダの中でも下のほうに溜まるお水は冷えるとより下に向かいます
(お風呂の湯船でも熱いお湯は上へ、冷たい水は下へいくのと同じです)
暑い日や雨降りの日にはズボンをロールアップしている人も多いかもしれませんが
クーラーや雨による水濡れはますます足をカラダを冷やします

まずは冷やさないことが大切ですが
冷えてしまったときにはアロマフットバスやセルフ灸で温めましょう

アロマフットバスはくるぶしより上まできちんと温めることが大切です!
また、セルフ灸はまずは三陰交!ぜひ、1日1個から始めてみましょう!

ご自分でのケアに迷ったら一度ボディケアルームでのメンテナンスを
鍼灸室ではその日の施術だけではなくセルフケア方法をお伝えします
はりきゅうコースはこちらから

また、アロマトリートメントはぜひ、季節の養生コースをお受けください
梅雨の季節にぴったりな精油ブレンドと薬膳茶を使用しています
季節の養生アロマトリートメントコースはこちらから

春の過ごし方

今年はなかなか春が来ないですね、と
お客さまともよく話しておりましたが
春分を過ぎて、桜も開花して、一気に春めいて来ましたね

 

 

 

 

 

通りすがりの沈丁花も可愛く花開き、よい香りを漂わせています
沈丁花はアロマテラピーではよく耳にするリナロールという
リラックスを促す香り成分も多く含んでいるようです
この沈丁花、夏の梔子や秋の金木犀と並んで日本の三大香木なんだそう

春になり気候がよくなってくると散歩をするときに
視覚だけでなく嗅覚も刺激されるようになって楽しいなと感じます

薬膳では、花の香りや柑橘系の香りは
『理気(気をめぐらせる)』の働きをすると言われていて
春の養生アロマボディトリートメントコースでお出ししている
『美爽茶』にもマイカイカという花が含まれています

食べ物のお話をもうひとつ
春になると苦味のある食べ物が増えますね
デトックス効果がある、なんてことも聞かれますが
苦味成分は消化機能をアップするチカラがあるそうです

香りのある食材で寒い季節に滞りがちな気を巡らせたり
また、苦味のある食材で冬に溜め込んだものをデトックスしたり
身近な食べ物やお花の香りを
春の生活にとりいれてみてはいかがでしょう?

春の養生

 

 

 

 

 

 

ここ1、2週間でしょうか
やっと春が来そうですねぇ・・・なんて
お客さまとお話するようになったのは

今年は春一番も例年より遅かったり
なんとなく春の訪れそのものがゆっくりな気がします

それでも花粉症や目のトラブル、頚肩のコリ・ハリなど
春らしい症状やお悩みでご来店の方も増えてきました

東洋医学では寒邪(かんじゃ)と言われる、
寒さによる下半身に多かったトラブルから
風邪(ふうじゃ)が上半身にもたらすトラブルが春は増えると考えます

先日、スタッフ勉強会でも
春という季節やその季節のからだのこと、
春に起こりやすいからだのトラブルなどについて話しあいをしました

トラブルの予防方法や対処方法はひとつではありません
より適したものをお伝えしておりますが
その方の好むもの、心地よいものを
ぜひ探して、試して頂きたい、とも思います

自然の薬箱ではカフェのメニューも春メニューになり
ボディケアルームでの養生アロマトリートメントコースが春コース
になりました

春は新しい生活に切り替わったりと忙しく、
疲れのでる季節でもあります
ぜひ、春を伸びやかに過ごすためにも
ぜひお体のケアにいらしてください

漢方薬局・鍼灸室でも春の養生についてアドバイスしておりますよ

冬の養生

 

 

 

今日は冬至ですね
一年で一番、陽の短いこの日は陰が極まる日

柚子湯に入って、かぼちゃ料理を食べる冬至の風習は
邪気を払って、からだを清め
健康と運気の上昇を願ってのことだそうです

冬の語源は『ふえる』ともいわれているようで
寒くて動かないこの季節は熱が逃げることなく溜め込まれ
また、芯はかたく引き締まっています

生命力を蓄えながらじっと蔵る(こもる)ことのできるこの季節は
一方で溜め込みたくないものも溜め込めてしまうかもしれません

クリスマス、忘年会、お正月、新年会・・・と
美味しい食事と楽しい時間が多い季節ですが
食べ過ぎたなという時、なんだか背中がはるようなことありませんか?
そんな時は、お腹がすくまで待ってみたり、お腹に優しいものを食べましょう
また、トリートメントやはりきゅうの施術を受けるのもおすすめです

時にはからだを休め、また、からだを清めながら過ごしたいものですね