夏の養生 アロマボディトリートメント ご予約受付中

みなさま お元気でお過ごしですか?

新型コロナとの共存生活が始まり、
世代を問わず 漠然とした不安感で
すっきりしない日々が続きますね。

私たち 自然の薬箱ボディケアルームでは
・お客様同士が接触しない(密な環境を避ける)
・備品・リネン類の消毒及び使い捨て用品拡充
・施術間の換気を徹底
・施術者の健康管理及びフェイスシールド・マスク着用
などの感染症対策をとってお客様をお迎えしていています。

さて
7月21日(火)より季節の養生コースがはじまっています。

夏の養生アロマボディトリートメントコース 75分
檜(ひのき)の足浴と薬膳茶付 10,500円
(税込)

※別途感染症予防対策費500円を申し受けております。

日本の夏は暑いだけではなく湿度が高い特徴があります。
なかなか気分よく過ごせませんね。
高温多湿の日本では『暑邪』と『湿邪』両方の対策をとることが
ポイントです。

夏の養生アロマトリートメントでは、脾経・心経の両方にアプローチし
溜まった熱と余分な水分の排出を促します。
特別にブレンドした精油の香りと季節の薬膳茶もお楽しみください。

【施術部位】
  脚背面→背中→リフレ→脚前面→お腹ORデコルテ+ハンド

経絡やツボを意識しながら全身の巡りを促すトリートメントです。
自然の薬箱アロマセラピストがブレンドしたオリジナル精油を使用します。

ご予約お待ちしております。

 

アロマセラピストによるアロマのおはなし『ティートゥリー』

今日は春分。陽射しが随分暖かくなりました。

 

今朝、駅に向かい歩いているとふわりと甘い香りがして

見ると、お家の庭先に沈丁花が満開に咲いていました。

 

甘い香りと

小さな花が花びらをいっぱいに広げて咲いている姿に

今日も一日頑張るぞと 朝から元気をもらいました。

 

最近は新型コロナウィルスの影響で

閉塞感を感じたり、毎日流される沢山の情報に

心が疲れてしまう事もあるかもしれませんね。

 

できる限りの予防に心がけつつも

春の暖かい陽射しや芽吹く木々の葉、

花々に目を向けたりして

心安らぐ時間をお過ごし頂けたらと願っております。

 

さて、今日のアロマのおはなしは

免疫力アップや抗ウィルス作用の期待できる精油

『ティートゥリー』のおはなしです。

(新型コロナウィルスに有効かは不明とされています)

 

ティートゥリーはオーストラリアのアボリジニの人達が

薬草としてケガをした後の感染症を防ぎ

傷口の治癒を早めるために利用してきた植物です。

 

ティートゥリー精油の主成分は

テルピネン4-オールで抗炎症、抗菌、抗ウィルス作用、

抗真菌作用など感染症の予防が期待でき

免疫力を高め「天然の抗生物質」なんて呼ばれる事も

あるそうですよ。

 

香りはシャープで 頭をすっきりさせる感じですので

少し薬草っぽく感じる方もいるかもしれません。

気になる時はラベンダーをブレンドされると和らぎます。

《おススメの使い方》

アロマデュフューザーや

マグカップなどの耐熱容器に熱湯を入れて

精油を垂らしたり

ティッシュに1滴精油を垂らしたりする簡単な芳香浴や

アロマスプレーを作ってマスクにスプレーするのも

よいと思います。

 

下にアロマスプレーのレシピを書いていますので

ご興味のある方は作ってみてくださいね。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

《アロマスプレーのレシピ》

精油6滴、無水エタノール10ml、精製水20ml、

スプレー容器30ml

 

(作り方)

スプレー容器に無水エタノール→精油の順に入れよく混ぜ

次に精製水を加えてよく混ぜる。

 

使用前にはよく振って、

1.5か月くらいで使いきってくださいね。

 

ラベンダー、ユーカリ・ラジアータ、カユプテなどを

ブレンドするのも、清涼感のある爽やかな香りに

まとまりますのでお勧めですよ。

ブレンドする際は精油の合計敵数が6滴(1%濃度)に

なるように調整してくださいね。

 

簡単ですので 是非作ってみてください♪

 

中川

『冬の養生コース(アロマトリートメント)』が始まります。

自然の薬箱のアロマケアルームには 漢方薬局や鍼灸ルームに併設されているここならではのコースとして東洋医学のアイデアを取りいれた『季節の養生コース』があります。

冬の季節に注意すべきポイントは『寒邪』。

寒さで体が冷えると血流が滞り、肩や首のコリを強く感じたり、むくみやだるさも出やすくなります。空気も乾燥しますので、便秘になったり、免疫力も落ちやすくなります。

冬の養生コースでは 通常の背中・デコルテに加えてお腹、そして、冷えなどに対応する腎経・膀胱経のツボを刺激する脚後面のトリートメントにリフレクソロジーも行います。

使用する精油は 温めてリラックスできる2種類の薬箱オリジナルブレンド精油からいずれかをお選びください。

プラナロム社のゼラニウム・ジュニパー・ローズマリー・パチュリ・・・などをふんだんに使用した『ぬくもりブレンド

YUICAのやすらぎブレンドに加え、ダイダイをたっぷりと使った『やすらぎオリジナルブレンド』 

施術後にお出しする養生のための薬膳茶『三花温巡茶』は、華やかで豊かな香りとそのビジュアルがスタッフの間でもとても人気のあるお茶です☆ ジャスミン茶をベースにマイカイカやジャスミンの花、クコの実など、高価なのはもちろん、それ以上に白と深紅の色の対比が目にも鮮やかで、ほんのり香る金木犀の香りも他の花の香りとハーモニーになって、乙女ゴコロをくすぐるのです。心も体もほっこりとリラックスできますね。

今の季節にだけ体験できる『冬の養生コース』で寒邪を追い払ってしまいましょう。寒い冬を皆様がどうか健康にすごせますように♪

お灸と鍼(はり)のこと


お隣高牟神社の銀杏はまだ緑の葉っぱですが
立冬を過ぎてからぐんと冷え込んでいて
黄色くなるのもすぐかな、
と思って眺めています

ぐんと冷えるといえば、
やはりこの季節はお灸が本領発揮しています
温かいというだけで心までほっと緩みますね

お腹にそっと小豆の温灸をのせるだけでも
からだもこころもほくほくしてきますし
せんねん灸でセルフケアをされている方は
きっとぬくぬくと過ごされているでしょう

セルフケアのお灸、
まず何を揃えればいいのか
どこにお灸をすればいいのか
ちょっとした疑問で踏み出せずにいる方
ぜひ鍼灸師とお灸をしてみませんか?→♪

11月28日のお灸教室のテーマは
冬の養生~冷えないカラダへ温め力UP教室~
です

セルフケアについては
鍼灸の施術を受けて頂いた方にもお伝えしています
鍼灸師とマンツーマンでお話されたい方は
ぜひ一度、鍼灸施術を受けてみてください→♪

鍼灸師の行う鍼(はり)やお灸に興味のある方の中に
鍼は痛いかも?お灸は熱いかも?と心配される方も
かなりいらっしゃるように思います

そんな方にはご要望をお聞きしながら
ささない鍼や熱くない(温かい)お灸を使って
施術をしています
ご質問のある方はお気軽にお電話くださいませ
自然の薬箱 ボディケアルーム 052-734-3009