重だるい症状を伴う頭痛には漢方薬で体内の水分調節を


湿度が高くなる梅雨の時期、私たちのカラダも排出されるべき水分(湿)
を溜め込みがちになります。
その身体に悪い影響を与える湿を東洋医学では「湿邪」と呼びます。

その「湿邪」による不調は様々ですが
中でも頭痛は仕事や家事などをするにも辛い症状です。

頭痛一つとってみてもいろいろな痛み方がありますが
「湿邪」が原因となって引き起こされる頭痛は、
頭が重い、なにか覆いかぶさるものがある感じ、
縛られるような痛みといった特徴があり、
頭がすっきりしないため、気力が無くなり全身の
倦怠感につながることもあるのです。

下記の項目に当てはまる方は要注意!
症状が悪化しないうちに養生してくださいね。
漢方相談薬局での漢方薬処方も承ります。
お気軽にご相談ください。

□普段から血行が悪い
□むくみやすい
□生ものや冷たいものを多くとる
□糖質や脂質を多く含む食べ物が好き

日本のハーブ


2月22日から、日本産のハーブやハーブウォーター、
基材として使える日本の蝋(ろう)や椿油などが学べる
グリーンフラスコ認定J−herbマイスター養成講座を開講します。

たとえば・・・
北海道のニンジンの一種のエゾウコギ
長野の黒葡萄の葉
沖縄のうっちん
森の香水 クロモジウォーター
和ろうそくの原料でもある 九州のハゼロウ
おいしい北海道のパンプキンシード
伝統的な油である椿油などなど
日本人なら使いこなしたい ハーブや基材たちのお話です!
毎回楽しい実習もいたしますよ〜♪

漢方薬剤師としての情報も混じえながら楽しく学べる有意義な講座に
なればと思います(^o^)

詳しくはホームページをご覧くださいね♪

 

花粉症対策はじめましょう

漢方薬剤師になって、よくお客様からお聞きする言葉に
花粉症に漢方がこんなに効くなんて!ということ。

かくいう私も小さい頃からアレルギー持ち。。。
ここ数年は、アトピーも花粉症も楽になっています。
これも漢方のおかげ。
今年ももうそろそろなので、症状が出る前に体質改善にもなる
粘膜の状態を良くする漢方をはじめましたよ〜(^o^)
玉屏風散という漢方です。イスクラさんの商品だと「衛益顆粒」といいます。
この漢方薬はお味が良いので、お子様でも飲めるのが良いところ。
優しいので、妊婦さんもOKです。
お味は、自然な甘みがある芋飴?みたいな感じ。あくまで私の感想ですが(*^^*)

鼻水を止める西洋薬は、よく効きますが分泌物を止めてしまうタイプもあり、
喉や鼻の粘膜がカラカラに乾燥して辛いことや
眠くなるなどで、逆に生活の質を落としてしまいがちです。
最近は、よい抗アレルギー剤が出ていますので、随分楽になった方も多いのでは?

それでもやっぱり、西洋薬は飲みたくないなとか、
体質改善したい方は、ぜひご相談を!

玉屏風散は今から、飲んでおくのに良い漢方薬です。
症状が出てしまったら、その方に合わせて症状を改善する漢方薬もいろいろありますよ!

5種類の森の香りが楽しめる!

あのSONYさんと良質な森のアロマを生産されているyuicaさんのコラボ商品
AROMASTICが発売されました(*^^*)


スリムなスティックにカートリッジをセットしてダイヤルを回して
ボタンを押すだけで、
ふわっと森の香りが香ります❤
ダイヤルをセレクトして、5種類の香りがたのしめますよぉ〜
リラックスしたいとき、ピリッとしたいときなどなど気分に合わせて
香りをセレクトできるんです。
自然の薬箱で展示していますから、是非体験しに来てくださいね。

人参フライ^ – ^

恵那の無農薬野菜を作っていらっしゃる西森ファームさんの人参をいただきました‼️

西森さんオススメの人参フライと人参つくし♬美味しかった(*≧∀≦*)

イキイキした葉っぱつきの新鮮無農薬野菜のチカラかなぁ。エビフライにも負けないおいしさでした。

 

西森ファームさんは時々週末に、自然の薬箱でマルシェを開催してくださっています。次回は未定ですがホームページをチェックしてみてくださいね。

naturaglaceが全商品リニューアル!

自然素材の国産メイクアップ、ナチュラグラッセが全商品リニューアルして新発売。全商品入荷しました♪
ナチュラグラッセは肌に優しく自然な美しさを引き出すメイクアップ商品。天然ミネラルとオーガニック植物を使った、肌に嬉しいメイクです。

是非、店頭に見に来てくださいね。
月曜日と火曜日の15時まで、メイクのお試しとアドバイスサービスを行っています。ご予約くださいね!

 

日本の森のアロマ

日本の森には、香りを持つ植物が意外とたくさんあることをご存知ですか?
それも、香水や薬品にも負けないほどの香りを持つものさえも。

ニオイコブシの蕾と実

そのひとつ、匂辛夷(ニオイコブシ)。
お盆明けに飛騨高山から届いた匂辛夷の枝には、
大きく膨らんだ匂辛夷の実と
小さなふかふかの毛で覆われた蕾がついていました。
ここで、3つの感動!!

来年春一番に真っ白な花を咲かせるための蕾がもうついているんだな〜と感動。

コブシの仲間の植物の蕾は生薬にもなっています。
「辛夷(シンイ)」という生薬です。
頭痛や鼻炎、蓄膿症などに使う漢方薬に配合されますよ。
この蕾とそっくり、ふかふかの毛で覆われた生薬です。
日本産精油講座では、この生薬「辛夷」の生薬を分解したりもします(*^^*)

次の感動は、なんといってもこの実の形!
ちょっとグロテスク。。。
届いた日は、緑の皮で覆われていたのですが、
次の日にはこの写真のように赤い実をのぞかせ始め、
そして、3日後には赤い実が勢揃い!

ネットで調べると、この赤い実は糸で本体とつながれていて、
鳥に見つけてもらうためにブラブラするのだとか。。。
種を運んでもらうための植物の叡智!
ホントかな〜とおもって、ひとつ引っ張ってみました。
ぶら下がりました!ぶらぶら〜

 

 

3つ目は、ニオイコブシの正式の植物和名はタムシバ。
名前の由来は、噛むしば・・だそう。
葉を噛むと爽やかで美味しいからと。
ならば、噛んでみましょうとやってみました(*^^*)
おお!「茴香(ウイキョウ)」だ!
ハーブやアロマに詳しい方には「フェンネル」といったほうがわかりやすいかな。
茴香と同じ味が何処かにするぞ〜
スパイシーでほんのり甘い。
この味はアネトール!
日本産精油講座では、yuicaさんが名古屋大学と共同研究されて
分析された成分について紹介しているので、その資料を確認すると、
ありました!アネトール。
ということは、エストロゲン様作用や去痰作用がニオイコブシにもあるかもね〜
ついでに、茴香は、芳香性健胃薬として大正漢方胃腸薬などにも入ってますよ〜
ニオイコブシの葉にアネトールが入っているとは感動です(*^^*)

植物に直接触れる体験は、いろいろな発見があって楽しいですね〜

自然の薬箱では、日本産精油が学べる講座も開催してますよ〜
次回開講は、1月頃をよていしています♪

綿柎開

「わたのはなしべひらく」と読みます。
二十四節気では、『処暑』、暑さの峠を越えて涼しくなりかける頃。
確かに今週は朝晩涼しい日もありましたね。
そして、5日おきに、気候や動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)。8月23日からの5日間は、綿を包むガクが開き始める頃でした。

綿の実がはじけ白いふわふわが顔をのぞかせた様子のボタニカルアート。
23日の四季のヨガでは、綿の実をイメージした精油の香りを
綿の実のボタニカルアートの付いた栞に賦香して
プレゼントさせていただきました。喜んで頂けたなら嬉しいな。

綿の実の生薬は、あまり有名ではないですが、種を「綿実子(めんじつし)」と呼んで使用するようです。

26日マルシェ開催!

久しぶりに自然の薬箱にお野菜のマルシェが開かれます。
恵那の西森ファームさんの採れたて!無農薬お野菜たちが並びます。
トマトの旨味がぎゅっと詰まった完熟プチトマト!
ねっとりおいしい香り高い白オクラ!などなど。

ファームで採れた無農薬トルゥーシー(ホーリーバジル)のブレンドハーブティーも是非!

11時半からお野菜なくなり次第終了です(*^^*)

これから、定期的に開催してくださる予定♥

桃の薬湯

 

新しいブログをはじめました。
薬局のお知らせや、健康情報、季節の養生、商品のご紹介などをしていきたいと思います。

今日は「桃の薬湯」について!

まだまだ暑いこの時期、薬草のお湯に入ってさっぱりしませんか?
江戸時代ごろから、桃の葉は夏の暑気払いの薬草として親しまれ、
柿の葉と一緒にお茶にして、清涼飲料水として売られたりしてきました。

また、あせもに効く薬湯として桃の葉を入れたお風呂を
土用の丑の日に入る習わしも広まりました。
桃の葉ローションなどもあせもに良い外用剤ですね。

桃の葉のお風呂に入ると、本当にさっぱりする実感がありますよ!
夏の暑い時期の薬草風呂を楽しんでみませんか?

自然の薬箱では、桃の葉を1回分紙パックに包んで素敵に包装した
「桃のお風呂」をこの時期の季節限定で販売しております!

お盆休みにゆったりと薬湯に浸かったり、
お友達へのちょっとしたプレゼントにお使いくださいね!