Naturalist Web Magazineは新しいブログに引っ越しました

新設いたしました<Naturalist Web Magazine>ブログよりご利用ください↓↓↓
https://five-r.co.jp/blognwm/

過去の<Naturalist Web Magazine>バックナンバーはこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Vol.20_9月9日は重陽の節句!菊の伝統文化のたしなみと漢方薬のお話

Vol.19_季節の変わり目に知っておきたい!自律神経と目の関係って?

Vol.18_ブルーの精油『ジャーマンカモミール』の涼し気なアロマソープを手作りしよう!

Vol.17_残暑を乗り切るために!脾胃(ひい)を整えるための薬膳のススメ

Vol.16_ステイフォーム中にチャレンジ!コロナ太りを解消するには?

Vol.15_夏バテしている場合じゃない!夏に役立つ漢方薬

Vol.14_鍼灸師おすすめ!夏のマスク不調の解消&予防法!

Vol.13_健やかで美しい暮らしのためのあれこれ

Vol.12_薬膳で暑気払い!酷暑を乗り切ろう!

Vol.11_知っておきたい!東洋医学の知恵と夏の過ごし方

Vol.10_お顔と頭のツボでリフレッシュ!

Vol.9_今だから知っておきたい!運動と免疫の関係って?

Vol.8_ 手指消毒の手荒れが気になる今!ハンドケアアイテムを手作りしよう!

Vol.7_むくみを解消!内湿を取るための薬膳

Vol.6_長期戦に備えよう!慢性疾患のある方も必見!身体を整えるための漢方薬

Vol.5_巣ごもり不調を改善!〜セルフお灸のススメ<応用編>~

Vol.4_お灸で免疫機能アップ!~セルフお灸のススメ<基本編>~

Vol.3_ストレスに負けない!心と身体を作る小さなアイデア 

Vol.2_腸活で<免疫機能>をキープ&アップ! 

Vol.1_知っておきたい!肺炎と免疫機能のこと 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウイルス感染症予防に
わたしたちのできること

未知のウィルスに不安を感じている方へ

メディアで連日報道されている「新型コロナウイルス」。見えないウィルスの脅威に、不安を抱えながらお過ごしの方は多いのではないでしょうか。

感染拡大に伴って世界経済にも影を落とし、世界中が感染に対して敏感に反応してる状態が続いています。さらにテレビでも連日連夜、不安をあおる報道がなされています。

でも、今本当に必要なのは敏感になりすぎることではありません。人は不安になればなるほど、ストレスを感じて免疫力の低下を招いてしまいがち。過剰な不安を抱え込まないことが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過剰に不安になる前に知っておきたいこと

では、過剰に不安にならずに生活するにはどうしたらよいのでしょう。報道でも繰り返し紹介されていますが、ご自身やご家族が感染しないために、基本的かつ重要な感染予防対策を行うことです。

 

感染予防に有効な対策とは

①石鹸を使ったこまめな手洗い(20秒以上しっかりと)

②外出先から戻ったら「ガラガラうがい」をする

③咳や鼻水が出る場合は、飛沫を飛ばさないためのマスクの着用

④様々な人が手の触れたところのこまめな拭き掃除。
 (ふきとりだけでも、ウイルスをある程度除去することが可能)

また、喉の粘膜などが乾燥するとウイルスに感染しやすくなるので、部屋の湿度は50〜60%くらいが推奨されています。

ウィルスが特定されているのに薬が見つからないのはなぜ?

新型とはいえ「コロナウィルス」だと原因ウイルスが特定されているのに、特効薬が見つからないの?すぐ見つかりそうなのに?と思いませんか。

一部では有効性の認められる薬剤が報告され始めましたが、現時点ではすべての感染者に有効かどうか、判断をするのは時期尚早な状態です。今後も一人でも多くの感染者の治療データを集め、検討が必要と言えるでしょう。

そのため、現時点では一旦細胞内に侵入したウイルスを退治するのはなかなか難しいのが現実です。一日でも早い、抗ウィルス薬が開発されることを願ってやみません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新型コロナウィルスに効く?!漢方薬とは?

中国では、感染初期に国営メディアが「漢方薬が新型コロナウィルスを抑制する作用がある」という報道があり、国内の薬局で「双黄連口服液」が売り切れ、入手今何になるといった現象が起きました。

<中国で話題になった漢方薬とは?>

・双黄連口服液
新華社通信が「双黄連口服液」という漢方が新型コロナウイルスを抑制すると報じました。

双黄連口服液には金銀花・黄芩・連翹という生薬が配合されていて、清熱解毒作用があることがわかります。近い処方は、冷やすタイプの風邪薬の「銀翹解毒散(ぎんぎょうげどくさん)」で、喉の痛みや発熱に用いられる処方です。

現在では、「効果があるかどうかはさらに多くの実験が必要だ」と情報は修正され、「現在、新型ウイルスを予防、治療できる薬はまだない」としています。

・清肺排毒湯

中国政府機関の一部門である中国国家中医薬管理局が、新型コロナ対策として清肺排毒湯を報告しました。(※出典:国家衛生健康委弁公庁 国家中医薬管理局弁公室≪中西医結合で新型コロナウィルス肺炎の治療における「清肺排毒湯」の推薦についての通知≫(国中医薬弁医政函(2020)22号)

「清肺排毒湯」は日本にはない処方です。麻杏甘石湯、小柴胡湯、五苓散、射干麻黄湯という4つの方剤を組み合わたものに近いのですが、射干麻黄湯は、日本にはありません。

お気を付けいただきたいのは、これらの処方は予防薬ではないということ。また、体質や症状に合わないと漢方といえども副作用が出ることもあります。また、長期間用いる処方でもありません。

もし、症状があって心配な場合は専門家に相談して頂くことをおすすめします。

なお、漢方薬は体質と症状に合わせて用いるものです。気になる症状がある方は、むやみに飲むのではなく、専門家にご相談ください。新型コロナウイルス感染症に限らず、普通の風邪でも初期の段階で早めに漢方を服用することで、重症化を防ぐことが可能です。

自然の薬箱では、店頭での漢方相談のほか、お電話でのご相談、漢方薬の発送も承ります。まずは、お電話でご相談ください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

基本対策+α(アルファ)で、ウィルスの侵入を食い止めよう!

体内で活性化された新型コロナウィルスに対する特効薬はまだありませんが、細胞内に入る前に食い止める有効な方法として、先にご紹介した手洗い・うがい・マスクの着用、ふきとりのほかにもできることがあります。

<感染症予防に役立つ漢方薬>

・玉屏風散(ぎょくへいふうさん)
屏風のように立てになってくれる玉(ぎょく=宝石)のように貴重という意味の名前がついている漢方薬。粘膜における線毛運動の促進、粘液分泌、血清IgA値を増加させることにより、ウイルスや細菌の侵入を防ぎます。また、胃腸機能を高め、免疫力をアップさせるので、花粉症の体質改善にも用いられます。味もマイルドなのでお子様でもお飲み頂けますよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<のどの潤いを保つオススメののど飴>

のど飴は、手軽にできる予防策。のどの潤いを保つのにおすすめです。

・板藍根配合ののど飴 

感染症予防に役立つ東洋ハーブ「板藍根」入り。<現在品薄状態です>


・エキナケア配合ののど飴 

免疫力を高めるハーブ「エキナケア」入り。<現在品薄状態です>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<喉で働くハーブや食品>

・エルダーフラワー 

風邪やインフルエンザに利用できます。
マスカットのような風味のあるハーブで、コクに出した煎液にグラニュー糖と檸檬を加えてコーディアルを作ることもできますよ。

・マロウブルー 

喉の粘膜を保護する働きがあります。粘液質の成分を持ち、とろみのあるハーブ。きれいなブルーのお茶を楽しめます。檸檬を入れるとピンク色に♪

・エキナセア 

免疫力を上げる働きがあります。

 

・板藍根(バンランコン)

感染症を予防するのに使われます。
お茶として飲むほか、エキスを使ってのうがいもおすすめです。

・ユリの根(百合・ヒャクゴウ) 

喉の乾燥が気になるときに。ユリの根配合の健康食品もあります。

・マヌカハニー 

有効成分のメチルグリオキサールが細胞に入る前のインフルエンザウイルスの増殖を抑制することが報告されているので、喉表面での抗ウイルス作用も期待できます。
※新型コロナウイルスでの確認はされていません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<抗ウィルス作用のあるアロマ>

どこの薬局に行っても、抗ウイルス作用の確かなエタノールがなかなか入手できない状況ですが、抗ウイルス作用の報告されているアロマを香らせることもひとつの方法です。

お気に入りのアロマを、ディフュザーやアロマの使える加湿器(使えない加湿器の場合、樹脂を溶かしてしまうので要注意)で香らせておくと、気分も良いですね。


なお、専用の器具がなく手も大丈夫。陶器などにお湯を張って垂らす、ティッシュに垂らして風の当たる場所や枕元に置く等、手軽に利用できるのもアロマのいいところ。但し、精油は濃度が高いので、直接肌につけることは避けてくださいね。もし、エタノールが手に入れば、アロマスプレーを作ってお部屋やマスクに噴霧するのもおすすめです。

<空気中・マスクなどのウイルス除去に役立つアロマ>

・ティートリー

抗菌、抗ウイルス作用、免疫賦活作用などを持ちます。
リフレッシュする香りです。


・ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラディアータ

1,8-シネオールという成分が多く含まれており、去痰作用、粘液分泌抑制(鼻水や鼻づまりを解消)、鎮咳作用、免疫賦活作用などを持ちます。スッキリ集中力も増す香りです。


・カユプテ

抗菌作用などを持ちます。ユーカリに似た清涼感のある香りです。

・ラヴィンツァラ

リラックス作用と共に、ユーカリと同じ、1,8-シネオールを含み、去痰作用、粘液分泌抑制、鎮咳作用、免疫賦活作用などを持ちます。清涼感のある木の香りです。

・ペパーミント

鎮痛作用、消化機能調節作用、鎮吐作用、抗炎症作用、冷却作用などを持ちます。スッキリとリフレッシュする香りです。

・ラベンダー

深いリラックス作用、安眠作用、鎮痛作用、免疫賦活作用などを持ちます。爽やかなフローラルな香りです。

ウイルス除去にお勧めのブレンド精油「レスピレーション」

上記の精油を心地よいバランスで配合された、「レスピレーション」というブレンド精油もオススメです。レスピレーションの製品にはスプレーもありますので、お部屋やマスクに一吹きするのも良い方法です。
<申し訳ございません。現在、欠品中です>

千田お勧め!「ティートリー枕」

私のオススメは、ティ―トリー枕!枕カバーにティートリーを含ませたティッシュを忍ばせておくだけ!喉の痛いときもこれで随分助けられました。寝ている間に喉の粘膜に香り成分が直接働いてくれますよ。

<番外編>

・モグサマスク

最高級品質のモグサが紙マスクの内側にセットされたマスクです。
キメの細かいモグサがフィルターの代わりになってくれます。
使い終わった後のモグサは、お灸にも使えるそう。ちょっとお高めですが最高級モグサが使われているので納得できるお値段。<現在品薄状態です>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に

新型コロナウイルス感染症の様な症状が出ていて感染が疑われる場合は、外出を控え、まず「「帰国者・接触者相談センター」に連絡して頂く必要があります。

詳しくは↓こちら↓をご覧ください。

各都道府県の新型コロナウイルスに関するお知らせ・電話相談窓口

 

わからないことも多く、日々不安を抱えがちですが過度に恐れるのではなく、正しい感染予防を日々行い、 ウィルスを体内に取り入れないようにすることが大切です。衛生用品が手に入りずらい状態ですが、ハーブやアロマでも効果が期待できますので、生活の中に取り入れてみませんか。

 

なお、自然の薬箱では皆様に安心してご来店いただけるよう、スタッフの健康管理、ならびに施設内の除菌、清掃に努めております。詳しくはこちらをご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症に対する弊社対応について

ご来店が不安な場合は、電話・メール相談の上、代引にてお薬、その他製品ををお送りさせていただくことも可能です。ご遠慮なくお申し付けください。

電話でのお問い合わせ:
052-734-3004 

メールでのお問い合わせはこちらをClick!

※ご返信にお時間がかかる場合がございます。お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。

■受付時間/9:30〜19:00 (日祝日は18時まで)
■定休日/水曜日

もぐさマスク入荷しました‼

申し訳ございません。多数お問い合わせいただいておりますが、もぐさマスクは、現在単品での販売はしておりません。
お灸とセット販売(もぐさマスク1枚入り)¥1188がございます。

 

 

 

 

 

 

先週は初雪が記録的な遅さで観測されましたが、

今日は3月のような暖かさでしたね。

明日はまた寒くなるようで、雪の予報がでています。

これからも寒暖を繰り返しながら春になっていきますが、お身体の調子を崩しやすいシーズンでもあります。

そこで、朗報です!

花粉やウィルス、乾燥、雑菌などから鼻と口を

ガードしてくれる「もぐさマスク」が入荷しました!

ふわふわのもぐさには保温・保湿効果があり、

敏感な鼻粘膜にとっても優しいのです。

繊維の細かい最高級もぐさのフィルターがマスクの性能をさらにUPします。

また、もぐさの原料のよもぎには、ユーカリやカユプテ、ローズマリーなどの精油に含まれている「シネオール」という成分が含まれています。シネオールには、抗菌、抗ウィルス、抗炎症などの作用があります。

もぐさマスクで、お身体を病気からガードして元気に春を迎えましょう!

 

オメガ3を摂ろう!

先日のNHKのあさイチでも取り上げられていたオメガ3。

からだを構成する細胞の細胞膜を柔らかくすることで、様々な面で体を健康にする栄養素なので、上手に摂取していきたいですね。

バランスの取れた食生活をしていると必要量は自然に摂れるとおもいます。
とっても大まかに言うと、お肉料理:お魚料理を6:4くらいに保てるとよいのです。

でも、お魚料理をそんなに食べているかというと多くの方がそこまで食べていないかも。。。と。

イワシ、サンマ、サバなどに豊富に含まれます。亜麻仁油も良いといわれますが、たくさん摂れるものではないですよね。

自然の薬箱では、お食事で補えない分の補助として、お魚加工の有名な会社の関連会社の日水製薬さんのオメガ3のサプリメントを紹介しています。
マイクロカプセルで、酸化を抑えたオメガ3が手軽に摂取できます。
でもあくまでも補助。栄養素はお食事からが基本です。
そして、とりすぎもタブーですよ〜。

オメガ3を豊富に含む食事をとっているイヌイットの方々に心筋梗塞などの疾患が少なかったことで、注目されるようになったのですが、確かに海産物(魚や甲殻類)を多く含む食事と心疾患に関する研究結果では、週に一回以上海産物を食べる人は、あまり食べない人と比較して心疾患が原因で死亡する可能性が低いよことがわかっています。また、現代人に多いアレルギーの原因の一つにオメガ3の摂取不足も関わっているといわれてます。

「アメリカ人のための食生活の指針、2010」は、成人は週に約224g以上のいろいろなの海産物を取ることを推奨しています。ただし、オメガ3のサプリメントが心疾患を予防するかどうかの証明にはまだ至っていませんので、あくまで補助食品と考えましょう。
オメガ3脂肪酸であるEPAやDHAが関節リウマチの症状を緩和するのに、ある程度有効という知見は報告されています。 朝の体のこわばりが短時間になり、関節の腫脹や疼痛も減少し、抗炎症薬の必要性も低下したのこと。
そして、オメガ3脂肪酸(EPAやDHA)と前立腺がんのリスクといった心配な報告も挙がってます。いまのところ、明確な関連性を示すまでには至っていなくて、 オメガ3脂肪酸摂取と前立腺がんのリスクとの関連についてはさらに調査が進行中。

また、血液凝固に影響する薬剤を取っている場合、海産物にアレルギーがある場合は専門家に相談して、注意して摂取する必要があります。

いずれにしても、できるだけ食事から摂取して、不足しているなと感じたときにサプリメントや亜麻仁油などをうまく使って、補助するのが良さそうです。

また、オメガ6の油とのバランスも重要です。植物油に代表されるオメガ-6と魚油や亜麻仁油などに代表されるオメガ-3の摂り方です。
食事で摂るこれら油の比率がそのまま、体の細胞膜の脂質の比率になります。
オメガ-6の油の摂取が多い(オメガ-3の2倍以上)と余分なオメガ-6が炎症や血栓を生み出したり、血管を収縮させることが知られています。

理想の油摂取の比率
オメガ6:オメガ3=2:1

気をつけたい食品のオメガ6とオメガ3の比率!
ぎょうざ 20:1
コロッケ 6:1
ミートボール 7:1
アーモンドチョコ 80:1
ポテトチップス 73:2
かりんとう(黒) 11:2
ラクトアイス 60:1
シュークリーム 18:1
ショートケーキ 17:2
ホットケーキ 17:1
カレーパン 10:1
クロワッサン 40:3
肉まん 18:1
カップラーメン 38:1
※日本食品標準成分表2015年版(七訂)脂肪酸成分表より抜粋

怖いデータです。美味しいものにはオメガ6が多い!!
食べてしまったときには、オメガ3の多い食品を取ることを心がけて
バランスをとることが肝要ですね。。。。

 

 

漢方薬の効能・効果と商品紹介

あ行の処方  か行の処方  さ行の処方  た行の処方  な行の処方

は行の処方  ま行の処方  や行の処方  ら行の処方  わ行の処方

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
か行の漢方処方

処方名 効能・効果 商品紹介
藿香正気散
かっこうしょうきさん
体力中等度以下のものの次の諸症:感冒、暑さによる食欲不振、急性胃腸炎、下痢、全身倦怠  イスクラ「勝湿顆粒」しょうしつかりゅう

 

 

処方名 効能・効果 商品紹介
銀翹解毒散
ぎんぎょうげどくさん
かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛  コタロー「金羚感冒錠」きんれいかんぼうじょう

マツウラ「銀翹解毒散」エキス細粒

 玉屏風散
ぎょくへいふうさん
 身体虚弱で疲労しやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠感、ねあせ  イスクラ「衛益顆粒」えいえきかりゅう

コタロー「玉屏風散」エキス顆粒

 

処方名 効能・効果 商品紹介
血府逐瘀湯
けっぷちくおとう
中年以降又は高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、のぼせ、動悸  八ツ目製薬「血府逐瘀湯」

イスクラ「血府逐瘀丸」

 

 

処方名 効能・効果 商品紹介
香砂六君子湯
こうさりっくんしとう
比較的体力がなく、胃腸の働きの弱いものの次の諸症:胃炎、胃腸虚弱、胃痛、腹痛、食欲不振、胃部不快感、腹部膨満感、悪心、下痢  イスクラ「健胃顆粒」けんいかりゅう
体力中等度以下で,気分が沈みがちで頭が重く,胃腸が弱く,食欲がなく,みぞおちがつかえて疲れやすく,貧血性で手足が冷えやすいものの次の諸症:胃炎,胃腸虚弱,胃下垂,消化不良,食欲不振,胃痛,嘔吐 コタロー「香砂六君子湯」エキス細粒


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さ行の漢方処方

 

処方名 効能・効果 商品紹介
十全大補湯
じゅうぜんたいほとう
皮膚および粘膜が蒼白で、つやがなく、やせて貧血し、食欲不振や衰弱がはなはだしいもの。消耗性疾患、あるいは手術による衰弱、産後衰弱、全身衰弱時の次の諸症。
低血圧症、貧血症、神経衰弱、疲労けん怠、胃腸虚弱、胃下垂。
コタロー「十全大補湯」エキス細粒
生脈散
しょうみゃくさん
次の場合の滋養強壮:虚弱体質,肉体疲労,病中病後,胃腸虚弱,食欲不振,血色不良,冷え症,発育期 イスクラ「麦味参顆粒」ばくみさんかりゅう

コタロー「生脈散」エキス細粒

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
た行の漢方処方

処方名 効能・効果 商品紹介
丹参(たんじん)製剤 中年以降または高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸  イスクラ「冠元顆粒」かんげんかりゅう

コタロー「還元清血飲」エキス顆粒かんげんせいけついん

ウチダ和漢「生薬二号方」

八ツ目製薬「冠源活血丸」かんげんかっけつがん

処方名 効能・効果 商品紹介
竹茹温胆湯
ちくじょうんたんとう
インフルエンザ、風邪、肺炎などの回復期に熱が長びいたり、また 平熱になっても、気分がさっぱりせず、せきや痰が多くて安眠が出 来ないもの  ツムラ「竹茹温胆湯」エキス顆粒


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
は行の漢方処方

 

漢方処方名 効能・効果 商品紹介
補中益気湯
ほちゅうえっきとう
胃腸機能減退し、疲労けん怠感があるもの、あるいは頭痛、悪寒、盗汗、弛緩性出血などを伴うもの。
結核性疾患および病後の体力増強、胃弱、貧血症、夏やせ、虚弱体質、低血圧、腺病質、痔疾、脱肛。
 コタロー「補中益気湯」エキス顆粒
虚弱体質、貧血症、夏やせ、胃弱、病中・病後の体力回復、痔疾、脱肛、胃腸機能が減退し、疲労倦怠感のあるもの又は頭痛、悪寒、発汗を伴うもの。 イスクラ「補中丸」

漢方薬で、夏を乗り切ろう!

夏になると、暑さや高い湿度で体調を崩す方が増えてきます。
不快な症状を改善するのに、漢方薬をのんでみませんか?

*勝湿顆粒 しょうしつかりゅう
ジメジメした水分が体に溜まって、食欲が落ちたり、倦怠感がある方に。
下痢にも、効果があります。
体に熱がこもって頭痛がするようなときにも使えますよ。
旅に持っていけば、お腹の不調に対応できます。

*麦味参顆粒 ばくみさんかりゅう
夏バテ、熱中症対策に。疲れやすい、やる気が出ない、汗をかきやすい方にお勧めです。体の潤いを保ち、気を補い、心機能を高めます。お味も良いので、ペットボトルのスポーツ飲料に一包入れて持ち歩けば、元気を保つのに役立ちます!

*心脾顆粒 しんぴかりゅう
眠りが浅い、夢をよくみる、寝つきが悪い、汗をよくかく、胃腸の調子が悪い方に。
ぐっすり眠り、明日に備えましょう。
なんとなくな不安や動悸がする時にもよい、持っていると安心な漢方です。

その他にも、症状に応じて多くのお薬をご用意しております。
お気軽に、ご相談下さいませ。

 

 

 

 

 

甲状腺機能亢進症

歌手の絢香さんが第2子妊娠のお知らせがでていましたね。
絢香さんも数年前に、甲状腺の病気で休まれましたが、
お子さんが産めるまでに元気になられています。

ここのところ、甲状腺の病気で相談にいらっしゃる方が重なりました。
甲状腺の病気は、機能亢進症、機能低下症、甲状腺腫などがあります。
今日は機能亢進症について少し書いてみますね。

甲状腺は喉にあり、からだ全体の新陳代謝を促進するホルモン(甲状腺ホルモン)を出すところです。甲状腺の病気は意外に多く、男性では50~100人に1人、女性では30~60人に1人の割合といわれています。

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺ホルモンが出過ぎてその働きが強く出る病気です。症状は、喉のところにある甲状腺が腫れる、頻脈(脈が速くなる)、手の指が震える、汗をかきやすくなる、たくさん食べるのにやせる、イライラする、疲れやすい、ときどき手足の力が入ら なくなる(周期性四肢麻痺)などです。眼球が突び出したようになる眼球突出は有名な症状ですが、実際にはそれほど多くありません。

甲状腺機能亢進症の多くは自己免疫のバランスの崩れと関連しています。

西洋医学では自己抗体を正常化する方法はないのですがメルカゾールやチウラジールによって甲状腺ホルモンをコントロールして、自然治癒を待ちます。1年半~2年で30~45%の方が正常化します。

もともとの甲状腺機能亢進による不調や、甲状腺のお薬を飲むことで現れる不調もあり、からだの不調を訴えて漢方相談にいらっしゃる方も多いです。
病院での治療も続けながら、漢方薬で自己免疫の正常化を図り、症状を寛解して生活の質を上げるためにのお手伝いを考えていきます。一度ご相談ください。

 

 

ウコンの力\(^o^)/

今月から新しく開講したナチュラルビューティースタイリスト講座

1回目にお話したハーブ素材のひとつは、ウコン♪
皆さんご存知のとおり「飲む前に飲む!」
そうなんです。ウコンは肝臓の代謝機能を高めます。
その他にもいろいろな働きが!

へ〜と思っている方。私達がよく口にする食材に入っていますよ〜
ウコンはカレーの黄色のスパイス。ターメリックです。

漢方薬局なので、ウコンはいつもありますが、乾燥したものなので、
講座でお見せするために仕入れた生ウコン!

何かに似ています。そうそうショウガ!同じショウガ科の植物なんですよ。

皆さんに配り、少し余ったので、店頭で
お客様の希望される方にお分けします\(^o^)/
クックパットなどで、生ウコンのレシピと調べると、調理法やお茶にするための乾燥の仕方などが出てきますよ。

中はきれいなオレンジ色♪

ナチュラルビューティースタイリスト講座は、単回でも途中からでも受講可能です\(^o^)/
詳しくはこちら

漢方薬剤師をしていて嬉しいこと

 

漢方薬剤師をしていて、嬉しいことはたくさんあります。

お客様が笑顔になってくれたら、本当にやっていてよかったと思います。

今日は、子宝相談に来てくれていたお客様に待望の赤ちゃんが!エコー写真を見せてくださいました。

可愛い💕ちいちやい全身がきれいに写ってました。愛おしいなぁ。

お客様の了解を頂いて皆様にも幸せのおすそ分け^_^

漢方ベイビーです。すくすく育ってね。

今はつわりの漢方や安胎の漢方をお出ししています。漢方を飲んでケアしたお母さんの赤ちゃんは、髪の毛ふさふさで、優しいのです。

体脂肪を減らす!!ローズヒップ由来ティリロサイド

先日の健康診断でまたまた・・・・の結果だった脂質系・・・
そんなときに日水製薬さんから新発売のダイエットサプリ!

私飲みます!状態です^^;

ローズヒップに機能性表示ができる成分があるんです。
その名はティリロサイド!

早速錠剤をガリガリ食べてみました。ん〜しっかり酸っぱい。ちゃんとローズヒップが豊富に入っているお味。通常はお水で飲み下してOKですよ。ティリロサイドを1日分の中に0.1mg配合!ローズヒップ約10杯分らしいです。

日本医薬品集には、ある品種のバラの実が、緩和な瀉下剤として掲載されていますが、ティリロサイドの作用はお腹を下す事によるダイエット効果ではないようです。

ティリロサイドは、まず動物実験により、肝臓や筋肉で脂肪の燃焼に関わるタンパク質を作るための遺伝子を増やすことが明らかになり、ティリロサイドを含むローズヒップエキスを動物に与えることで体脂肪の燃焼を促す作用が確認されました。

次に臨床試験で、肥満気味の健康な成人男女 32 名(BMI 25 以上 30 未満、平均年齢 50 歳)を対象に、ローズヒップ由来ティリロサイド1 日あたり 0.1 mg 含む食品を摂取させたグループ(16 名)と、ティリロサイドを含まない食品を摂取させたグループ(16 名)に分け、12 週間毎日摂取を続け、食品を摂取する前と 12 週間後に、おなか周りの総脂肪面積(皮下脂肪と内臓脂肪の面積を足した値)の摂取前との変化が確認され、ティリロサイドを含む食品には体脂肪を減らす作用があることが認めらました。
また、ティリロサイドを含む食品を摂取することで、BMI も低下傾向に。
血液検査、尿検査、および医師の診察で、有害な作用は確認されず、安全性が高いことも確認されています。

この臨床試験は、ヒトでの試験手法として質が高いとされている「ランダム化比較試験」で行われた結果であることから、ローズヒップ由来ティリロサイドを含む食品の摂取による体脂肪を減らす作用の信頼性が高いものです。

小さめの錠剤で、1日3粒という手軽さも魅力です。
1袋(90粒・1ヶ月分) 4,800円(税抜)
臨床試験では、2ヶ月目から良い結果が得られていますので、
3ヶ月是非試していただきたい!ということで、3袋まとめ買いでお得になります♪