綿柎開

「わたのはなしべひらく」と読みます。
二十四節気では、『処暑』、暑さの峠を越えて涼しくなりかける頃。
確かに今週は朝晩涼しい日もありましたね。
そして、5日おきに、気候や動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)。8月23日からの5日間は、綿を包むガクが開き始める頃でした。

綿の実がはじけ白いふわふわが顔をのぞかせた様子のボタニカルアート。
23日の四季のヨガでは、綿の実をイメージした精油の香りを
綿の実のボタニカルアートの付いた栞に賦香して
プレゼントさせていただきました。喜んで頂けたなら嬉しいな。

綿の実の生薬は、あまり有名ではないですが、種を「綿実子(めんじつし)」と呼んで使用するようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です