重だるい症状を伴う頭痛には漢方薬で体内の水分調節を


湿度が高くなる梅雨の時期、私たちのカラダも排出されるべき水分(湿)
を溜め込みがちになります。
その身体に悪い影響を与える湿を東洋医学では「湿邪」と呼びます。

その「湿邪」による不調は様々ですが
中でも頭痛は仕事や家事などをするにも辛い症状です。

頭痛一つとってみてもいろいろな痛み方がありますが
「湿邪」が原因となって引き起こされる頭痛は、
頭が重い、なにか覆いかぶさるものがある感じ、
縛られるような痛みといった特徴があり、
頭がすっきりしないため、気力が無くなり全身の
倦怠感につながることもあるのです。

下記の項目に当てはまる方は要注意!
症状が悪化しないうちに養生してくださいね。
漢方相談薬局での漢方薬処方も承ります。
お気軽にご相談ください。

□普段から血行が悪い
□むくみやすい
□生ものや冷たいものを多くとる
□糖質や脂質を多く含む食べ物が好き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です