日本の森のアロマ

日本の森には、香りを持つ植物が意外とたくさんあることをご存知ですか?
それも、香水や薬品にも負けないほどの香りを持つものさえも。

ニオイコブシの蕾と実

そのひとつ、匂辛夷(ニオイコブシ)。
お盆明けに飛騨高山から届いた匂辛夷の枝には、
大きく膨らんだ匂辛夷の実と
小さなふかふかの毛で覆われた蕾がついていました。
ここで、3つの感動!!

来年春一番に真っ白な花を咲かせるための蕾がもうついているんだな〜と感動。

コブシの仲間の植物の蕾は生薬にもなっています。
「辛夷(シンイ)」という生薬です。
頭痛や鼻炎、蓄膿症などに使う漢方薬に配合されますよ。
この蕾とそっくり、ふかふかの毛で覆われた生薬です。
日本産精油講座では、この生薬「辛夷」の生薬を分解したりもします(*^^*)

次の感動は、なんといってもこの実の形!
ちょっとグロテスク。。。
届いた日は、緑の皮で覆われていたのですが、
次の日にはこの写真のように赤い実をのぞかせ始め、
そして、3日後には赤い実が勢揃い!

ネットで調べると、この赤い実は糸で本体とつながれていて、
鳥に見つけてもらうためにブラブラするのだとか。。。
種を運んでもらうための植物の叡智!
ホントかな〜とおもって、ひとつ引っ張ってみました。
ぶら下がりました!ぶらぶら〜

 

 

3つ目は、ニオイコブシの正式の植物和名はタムシバ。
名前の由来は、噛むしば・・だそう。
葉を噛むと爽やかで美味しいからと。
ならば、噛んでみましょうとやってみました(*^^*)
おお!「茴香(ウイキョウ)」だ!
ハーブやアロマに詳しい方には「フェンネル」といったほうがわかりやすいかな。
茴香と同じ味が何処かにするぞ〜
スパイシーでほんのり甘い。
この味はアネトール!
日本産精油講座では、yuicaさんが名古屋大学と共同研究されて
分析された成分について紹介しているので、その資料を確認すると、
ありました!アネトール。
ということは、エストロゲン様作用や去痰作用がニオイコブシにもあるかもね〜
ついでに、茴香は、芳香性健胃薬として大正漢方胃腸薬などにも入ってますよ〜
ニオイコブシの葉にアネトールが入っているとは感動です(*^^*)

植物に直接触れる体験は、いろいろな発見があって楽しいですね〜

自然の薬箱では、日本産精油が学べる講座も開催してますよ〜
次回開講は、1月頃をよていしています♪

綿柎開

「わたのはなしべひらく」と読みます。
二十四節気では、『処暑』、暑さの峠を越えて涼しくなりかける頃。
確かに今週は朝晩涼しい日もありましたね。
そして、5日おきに、気候や動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)。8月23日からの5日間は、綿を包むガクが開き始める頃でした。

綿の実がはじけ白いふわふわが顔をのぞかせた様子のボタニカルアート。
23日の四季のヨガでは、綿の実をイメージした精油の香りを
綿の実のボタニカルアートの付いた栞に賦香して
プレゼントさせていただきました。喜んで頂けたなら嬉しいな。

綿の実の生薬は、あまり有名ではないですが、種を「綿実子(めんじつし)」と呼んで使用するようです。

桃の薬湯

 

新しいブログをはじめました。
薬局のお知らせや、健康情報、季節の養生、商品のご紹介などをしていきたいと思います。

今日は「桃の薬湯」について!

まだまだ暑いこの時期、薬草のお湯に入ってさっぱりしませんか?
江戸時代ごろから、桃の葉は夏の暑気払いの薬草として親しまれ、
柿の葉と一緒にお茶にして、清涼飲料水として売られたりしてきました。

また、あせもに効く薬湯として桃の葉を入れたお風呂を
土用の丑の日に入る習わしも広まりました。
桃の葉ローションなどもあせもに良い外用剤ですね。

桃の葉のお風呂に入ると、本当にさっぱりする実感がありますよ!
夏の暑い時期の薬草風呂を楽しんでみませんか?

自然の薬箱では、桃の葉を1回分紙パックに包んで素敵に包装した
「桃のお風呂」をこの時期の季節限定で販売しております!

お盆休みにゆったりと薬湯に浸かったり、
お友達へのちょっとしたプレゼントにお使いくださいね!