夏の養生 アロマボディトリートメント ご予約受付中

みなさま お元気でお過ごしですか?

新型コロナとの共存生活が始まり、
世代を問わず 漠然とした不安感で
すっきりしない日々が続きますね。

私たち 自然の薬箱ボディケアルームでは
・お客様同士が接触しない(密な環境を避ける)
・備品・リネン類の消毒及び使い捨て用品拡充
・施術間の換気を徹底
・施術者の健康管理及びフェイスシールド・マスク着用
などの感染症対策をとってお客様をお迎えしていています。

さて
7月21日(火)より季節の養生コースがはじまっています。

夏の養生アロマボディトリートメントコース 75分
檜(ひのき)の足浴と薬膳茶付 10,500円
(税込)

※別途感染症予防対策費500円を申し受けております。

日本の夏は暑いだけではなく湿度が高い特徴があります。
なかなか気分よく過ごせませんね。
高温多湿の日本では『暑邪』と『湿邪』両方の対策をとることが
ポイントです。

夏の養生アロマトリートメントでは、脾経・心経の両方にアプローチし
溜まった熱と余分な水分の排出を促します。
特別にブレンドした精油の香りと季節の薬膳茶もお楽しみください。

【施術部位】
  脚背面→背中→リフレ→脚前面→お腹ORデコルテ+ハンド

経絡やツボを意識しながら全身の巡りを促すトリートメントです。
自然の薬箱アロマセラピストがブレンドしたオリジナル精油を使用します。

ご予約お待ちしております。

 

免疫力アップにアロマテラピーを

東京ではもう桜の開花宣言がありましたね。

今年は各地で例年より早いお花見シーズンを迎えそうです。

中部地区での桜の開花も待ち遠しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

花が咲く植物の約6割は春に開花するそうです

気温が徐々に上がってくることにより

若葉や開花した花、様々な植物の香りが立ち上がり

春の香りを運んできてくれます。

お天気の良い日には

春の香りを探しに出かけてみませんか。

 

今年の春は新型コロナウィルスの影響もあり

不安を感じることが多い日々ですが

出来る限りの予防と免疫力アップを心掛けたいものです。

 

人間に元々備わっている自然治癒力は、自律神経である

交感神経(起きて活動している時に優位)と

副交感神経(リラックスしたり寝ている時に優位)が

バランスよく働いて機能することにより

効果的に発揮されます。

 

ウィルス感染に対抗したり、ウイルスをやっつけるために

大切な免疫力。そしてその免疫力のアップに

アロマが有効といわれているのをご存知ですか?

 

免疫機能は心が安定して幸せを感じると

よりアップするともいわれており、

アロマで好きな香りを嗅いで

心地良いと感じることで、心身がリラックスし

免疫機能が活性化することが期待できます。

 

またアロマの香りは脳の情動を感じる場所に働きかけ

一瞬にして気持ちをシフトして

交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれたりもします。

 

また、香りが脳の免疫系やホルモン系を司る場所にも届き

体を調整してくれるとも言われていますよ。

 

そんなアロマテラピーで全身トリートメントを受けると

とても気持ちがよくて

「気持ちが良くてうとうと寝てしまった~」

というお声をよく聞きます。

 

これがとても大切で、心地良くてリラックスすると

凝り固まっていた筋肉が緩み血流が良くなるのです。

 

そして脳からは幸せホルモンが分泌され

脳の疲れ、心の緊張や不安を和らげてくれるのです。

 

寒暖差が激しく体調を崩しやすい時期、

またコロナウィルスがいつ終息するか分からず

不安な日々が続く中ですが、

心身ともに健やかな毎日を過ごせますよう

アロマテラピーを活用して頂けると嬉しく思います。

 

中川

 

アロマセラピストによるアロマのおはなし『ティートゥリー』

今日は春分。陽射しが随分暖かくなりました。

 

今朝、駅に向かい歩いているとふわりと甘い香りがして

見ると、お家の庭先に沈丁花が満開に咲いていました。

 

甘い香りと

小さな花が花びらをいっぱいに広げて咲いている姿に

今日も一日頑張るぞと 朝から元気をもらいました。

 

最近は新型コロナウィルスの影響で

閉塞感を感じたり、毎日流される沢山の情報に

心が疲れてしまう事もあるかもしれませんね。

 

できる限りの予防に心がけつつも

春の暖かい陽射しや芽吹く木々の葉、

花々に目を向けたりして

心安らぐ時間をお過ごし頂けたらと願っております。

 

さて、今日のアロマのおはなしは

免疫力アップや抗ウィルス作用の期待できる精油

『ティートゥリー』のおはなしです。

(新型コロナウィルスに有効かは不明とされています)

 

ティートゥリーはオーストラリアのアボリジニの人達が

薬草としてケガをした後の感染症を防ぎ

傷口の治癒を早めるために利用してきた植物です。

 

ティートゥリー精油の主成分は

テルピネン4-オールで抗炎症、抗菌、抗ウィルス作用、

抗真菌作用など感染症の予防が期待でき

免疫力を高め「天然の抗生物質」なんて呼ばれる事も

あるそうですよ。

 

香りはシャープで 頭をすっきりさせる感じですので

少し薬草っぽく感じる方もいるかもしれません。

気になる時はラベンダーをブレンドされると和らぎます。

《おススメの使い方》

アロマデュフューザーや

マグカップなどの耐熱容器に熱湯を入れて

精油を垂らしたり

ティッシュに1滴精油を垂らしたりする簡単な芳香浴や

アロマスプレーを作ってマスクにスプレーするのも

よいと思います。

 

下にアロマスプレーのレシピを書いていますので

ご興味のある方は作ってみてくださいね。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

《アロマスプレーのレシピ》

精油6滴、無水エタノール10ml、精製水20ml、

スプレー容器30ml

 

(作り方)

スプレー容器に無水エタノール→精油の順に入れよく混ぜ

次に精製水を加えてよく混ぜる。

 

使用前にはよく振って、

1.5か月くらいで使いきってくださいね。

 

ラベンダー、ユーカリ・ラジアータ、カユプテなどを

ブレンドするのも、清涼感のある爽やかな香りに

まとまりますのでお勧めですよ。

ブレンドする際は精油の合計敵数が6滴(1%濃度)に

なるように調整してくださいね。

 

簡単ですので 是非作ってみてください♪

 

中川

春の養生コース(アロマトリートメント)が始まります 

通勤時、通らせて頂いている高牟神社で、梅や木瓜などが咲きはじめ、春の訪れを感じています。

春の養生のポイントは《デトックス》。
冬にため込んだものをうまく発散させることがキモとなります。春は少し苦みのあるものを食べるといいよ、なんて聞きますが、これもデトックスですね。

春の植物も上へ上へと伸びていくように、陽気が盛んになると体内でもエネルギー(熱)が上部に上がりやすくなります。頭がぼうっとしたり、目が充血したり、肩こりやイライラも現れやすくなると言われています。

春の養生コースでは 血液を蓄え、体内の血液量を調節し、新陳代謝、情緒の安定などを担う『肝(かん)の養生』をとりいれています。背中・デコルテに加えて手や腕、そして肝経のツボを刺激する脚後面のトリートメントとリフレクソロジーを行います。

使用する精油は 春の養生にぴったりのすっきりとした2種類の薬箱オリジナルブレンド精油からいずれかをお選びください。

◎プラナロム社のオレンジ・ローズウッド・クラリセージ・ペパーミントなどをふんだんに使用した 『めぐりブレンド』
◎yuicaのニオイコブシブレンドにレモンをたっぷりと加えた 『めざめオリジナルブレンド』

いずれもアロマ専門サロンならではの贅沢なオイルです。

施術後にお出しする養生のための薬膳茶『美爽茶』は、紫蘇、甜茶、グァバ、マイカイカを組み合わせたオリジナルブレンドです。花粉症にもよさそうですね。

今の季節にだけ体験できる『春の養生コース』をぜひお試しください。気温変動や環境変化でストレスが増えるこの季節を、皆様がどうか健康にすごせますように♪

アロマセラピストによるアロマのおはなし『ローズマリー』

この冬は暖かい日が多く穏やかな天候に恵まれていますが、例年、受験シーズンのこの時期は寒さが一段厳しくなり、受験生を持つご家庭では雪の心配をする事も少なくありませんね。

先日大学センター試験の朝、出勤途中の電車の中でお守りをつけたリュックサックを背負いテキストに目を走らせるたくさんの学生さんたちお見かけし受験生さんかな、これから試験に向かうのかなと私も少しそわそわした気持ちで眺めておりましたら、お隣に座っていらした少し年配のご婦人が「受験生さんね。みんな頑張って」と小さな声で呟かれているのが聞こえて何だか温かくほっこりした気持ちになりました。

そこで今日は勉強する時にお勧めの精油ローズマリーのお話です。

ローズマリーはお料理に使うハーブとしてお馴染みかもしれませんが、民間薬として古くから使われていました。中世14世紀のヨーロッパでは、ハンガリー王妃が晩年、手足の痛み止め薬としてローズマリーを使っていたところ、みるみる状態がよくなり、70歳を超えた王妃にポーランドの王子が求婚した、というエピソードがあるほどで、後にこのローズマリーを使った『若返りの水~ハンガリアンウォーター』の評判が立ったそうですよ。

ローズマリーの精油の香りはスーッとグリーン調のハーブ系でリフレッシュできるような香りです。

記憶、集中力強化や頭脳明晰作用が期待でき、脳に活力を与えたりやる気や自信を引き出すともいわれ、勉強部屋にとてもオススメの精油なんです。私自身は背筋が真っすぐ伸びて心が整うような気がして、アロマの試験勉強の時に『ローズマリー』の香りをよく使ってました。いまでも本を読む時によく使います。

また血流をよくする事も期待できるので肩こりさんにもお勧めですよ。

次回アロマトリートメントを受けられる時にローズマリーをリクエストしてみてはいかがでしょうか? 自然の薬箱5階のアロマテラピールームにてお待ちしております。

(中川)

アロマセラピストによるアロマのおはなし『カモミールジャーマン』

少しずつ日が長くなり、太陽が顔を出す時間も早くなってきました。今年の大寒は1月20日だったそうで、しかしながら年末から全く雪の降らない今年の名古屋の気候は、これまでの常識とは違う時代にはいったのかなあ、、、などと考えてしまいます。

さて、今日の話題は小さな太陽のような花の姿が愛らしい『カモミール』。

眠れない夜やリラックスしたい時のハーブとしてよく名前のあがるカモミールは、ピーターラビットの童話にも登場し、ヨーロッパでは昔から常備薬のようにして庭に植えられていたそうですね。

ハーブティーに使われるこのカモミールは アロマテラピーの現場において『カモミール・ジャーマン』として知られています。カマズレンという成分が抗炎症・抗ヒスタミン作用に優れていて、アレルギーやアトピー性皮膚炎などで荒れた皮膚や乾燥してかゆみのある皮膚・傷ついた皮膚の再生にとてもオススメの精油です。青い色をしたこの精油の香りは ハーブティーの甘くリラックスさせる香りとは裏腹に、少し刺激のあるお薬のような香りです。しかしながら、嗅いでいるうちにどこか遠いところで甘ーく癒される感じ。。。。。この香りが私は大好きです♪

ちなみに『カモミール・ローマン』のほうは、精油そのものからリンゴのような甘い香りがして、こちらは癒し効果が絶大!冬の乾燥肌が気になる方はぜひ『カモミール・ジャーマン』の香りと、お肌すべすべ効果を試しにいらしてくださいね。『カモミール・ローマン』との嗅ぎ比べもお楽しみいただけます☆彡

 

5階ボディケアルームでお待ちしております♪

(光)

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶が大変おそくなってしまいましたが、お正月明けの営業開始から、おかげ様で忙しくさせていただいておりました。皆様それぞれにお正月を楽しまれ、のんびりされ、ご家族と温かく過ごされたお話をお聞きしてうれしく思う一方で、お疲れや冷えなどもためておられたのだなあ と感じる次第です。

この時期は新年会なども多くなるようですが 暴飲暴食などなされませんよう、また血行不良などにもお気をつけて、体内エネルギーを滞りなく巡らせていきましょう☆彡

また、新しい年になにか新しいことを始めてみたい方には、自然の薬箱でアロマやハーブの勉強をスタートしてみるのもいいかもしれませんね。まだお申込みが間に合うコースもあるようですので、ホームページでご確認してみてください.

https://five-r.co.jp/

今年もみなさまにとって幸せな一年になりますように。

またお会いできますことを楽しみにお待ちしております。

(光)

 

アロマセラピストによるアロマのおはなし2

『ゆず』

ここ数日、めっきり寒くなり、日中仕事をしてふと気がつくと窓の外はほの暗く、もうそんな(暗くなるような)時間かしら?と時計に目をやる日々です。日が短くなりましたね。

今年の冬至は12月22日だそうです。冬至を過ぎたらまた日が長くなる。そんなことを考えるにつけ、わたしたちは自転する星のうえ、太陽とともに生きているんだなあ~としみじみ感じ入ってしまいます。

子供のころから冬至には当たり前のように柚子風呂にはいっていました。昨今の合理的な暮らしのなかで、シャワーはともかく、ゆっくり湯舟につかる習慣がなくなっているように見聞きすることがありますが、柚子風呂の習慣は日本に根付いていると信じていますが。。。。

柚子を浮かべるだけで自宅の小さなお風呂場が温泉宿の温泉になったかのように、柚子の良い香りが漂い、お湯はほんのりまろやかに、体は温まって、『あ~~~気持ちいい!』などと声に出したりして、至福の時を味わうことができますね。

柚子の皮をすりおろしたり細く線切にしてお料理に用いたり、少し甘く煮詰めてジャムやユズ湯にしたり、日本の生活の中に溶け込んでいる柚子。

日本に住み・暮らす者にとって、DNAに刻まれているといっても過言ではない「柚子の香りによる癒し」はアロマテラピーそのものではないでしょうか。ご年配の方やアロマテラピーになじみのない方にも受け入れやすく、リラックス効果はもちろん、心と体を温め元気にしてくれます。

柚子の代わりに、柚子の精油使ってもいいですね。
1~2滴お風呂に垂らしてもよいですし、朝起きて手がこわばっている時や気分転換したい時には、お湯を張った洗面器に精油を垂らして芳香浴と手浴を。手浴だけでも上半身がゆるむのを感じられますよ♪

全身リラックスをされたい方には、自然の薬箱アロマテラピールームでのアロマトリートメントがおススメです。日本の森から生まれた『Yuica』の柚子精油もお選びいただくことができます。もちろん販売もしていますので、ご自宅で使われたい場合には、お気軽にスタッフにお尋ねください。この冬は、柚子の香りで日本の冬気分を存分にご堪能くださいね☆

(光)

 

 

アロマセラピストによるアロマのおはなし その1

『クローブ(丁子)』

台風一過。さわやかな秋晴れの名古屋です。
台風被害にあわれた方には お見舞いを申し上げるとともに、一日も早い回復をお祈りいたします。

さて、朝に晩に涼しくなり、そろそろ秋本番といったところでしょうか。夏の時期はすっきりした香りが心地よかったけれど、秋の気配とともに すこし、こっくりと濃いめの香りがぐっときます。

まったく個人的な好みではありますが、この時期に嗅ぎたくなるのはシナモンやクローブのように少しスパイシーな香り。ほのかに甘味を感じるチャイ(スパイスの効いた紅茶)のようで、気持ちが穏やかにあったかくなります。とりわけクローブの香りは、特にオレンジの甘い香りと合わせて用いると、クリスマス時期によくみられるようになった『オレンジポマンダー』のような香りがして、とてもハッピーな気分になります。

ポマンダーの歴史をさかのぼると、中世ヨーロッパに人々を震撼させた『ペストの流行』に行き着くようです。タイム、ローズマリー、セージなどとともに殺菌・抗菌作用の強いとされるハーブを束ね、首からぶら下げて、病から身を守ったそうです。魔除けとかお守りとか言われる所以はここにあったのですね。

今では日本でも、冬のスローライフのシンボルになったオレンジポマンダー。寒く長い冬の日に、丁子をひとつ刺す毎に、オレンジの甘い香りを感じる豊かな時間。蜜柑や檸檬や柚子でつくってもよさそうです。わたしは蜜柑にさしてみましたよ。

そして、ボディケアルームでも1階の薬局でも『クローブの香り』をお試しいただけます。秋冬のお勧めの香り、どうぞご堪能ください。抗菌効果も期待されるそうですから、風邪が流行ってくるこれからの季節、お部屋に香らせてもよいですね♪先日ボディケアルームで香らせてみたところ、別のお部屋におられたお客様が『チャイみたいな香りがするわ』とおっしゃっていましたよ。

(クローブは香りと刺激の強い精油ですので、使用容量にはご留意なさってください。ほんの少量で十分です。)

=====

さらに そんなクローブ(丁子)を使った【オレンジポマンダーづくり】のミニ講座が『自然の薬箱』で開催されます。ぜひこの機会に体験してみませんか☆彡

10月・11月ハーブクラフトミニ講座ハーブピクルス(10月)&オレンジポマンダー(11月)

『秋の養生コース(アロマトリートメント)』が始まっています

自然の薬箱のアロマケアルームには、漢方薬局や鍼灸ルームに併設されている ここならでは のコースとして東洋医学のアイデアを取りいれた『季節の養生コース』があります。ご存知でしたか?

秋の季節に注意すべきポイントは『燥邪』。夏の間に水分を失った身体にとって『乾燥』が思わぬ不調を招く原因となるのです。

特に外気と接する呼吸器やお肌はダメージを受けやすくなるので この季節には『保湿・滋潤』を心がけることが大切です。

 

秋の養生コースでは 通常の背中・脚・デコルテの施術に加え、肺経に沿ったツボを刺激するアロマトリートメント(主に腕)を行います

 

そして、使用する精油は 潤すためにブレンドした2種類のオリジナルブレンドからいずれかをお選びください。

  1. プラナロムの サイプレス・フランキンセンス・ジャスミン・サンダルウッド・・・など をふんだんに使用した 『うるおいブレンド』
  2. YUICAの きよらかブレンドに加え、ゆずをたっぷりと使った 『きよらかオリジナルブレンド』 

 

施術後にお出しする養生のための薬膳茶『二果温補茶』もとてもオススメです。紅茶・杜仲茶などをベースに 温まる桂皮、ゴロゴロと大きく刻まれたドライ無花果(なつめ)・・・・。飲むだけでは勿体ないくらいおいしそうなドライフルーツが入ったお茶なんですよ。これで心も体も潤いますね。

今の季節にだけ体験できる期間限定の『秋の養生コース』。しっかり潤いを蓄えて、来たる冬に備えてみませんか?