秋の養生

 

 

 

 

 

 

食べ物の美味しい秋がやってきましたね。

秋の語源は「飽き」ともいわれ、夏に蓄えられた養分が
満ち満ちて飽和状態であることを意味するそうで、
それは自然の一部である私たちの身体も同じです。

この夏、太陽の下で活発に活動し、陽のエネルギーを
蓄える事はできたでしょうか?

毎日オフィスの冷房に震えていたなあ、冷たいものを
摂りすぎてむくんだ日が多かったなあ、などなど、
夏に冷やすことが多かった人は蓄えの少ない状態かもしれません。

「飽きる」ほど陽のエネルギーを溜め込めなかった人は
寒さの影響を受けやすく、そんな人の養生はには
陽のエネルギーを節約することが大切です。

少しでも寒さを感じたら熱を逃がさないように衣服で調節、
余計な汗と共に熱を放出してしまわないように辛いものは
なるべく控える、などなど自分でできる秋の養生はたくさん
ありますが、ボディケアルームでも秋の養生のお手伝いを
するコースをご用意しております.

こちらもオススメです♪ 是非ご利用下さいませ。

 

じんわり気持ち良い~しょうが灸

朝夕すっかり涼しくなってきましたね、
今朝は肌寒さで目覚めたせいか、急に寝違いのような肩の痛みが出てきました。

先ほど終えたお灸教室で使った生姜灸、自分でも試してみようと
非常階段に出て参りました。

室内の涼しさよりも外の暖かさを心地良く感じるのは、
体の奥に冷えのある何よりの証拠です。

腕の表面をよ~く探って、ツボらしき場所に厚めに切った生姜と
大き目のもぐさを乗せてじっくり、ゆっくりとお灸をします。
柔かな熱を時間をかけて加える事で、奥の方までじんわり温まり、
チカラが抜けていくのがよく分かります。

ぬるめの温泉にゆっくりつかっているような心地よさです。

熱いのを我慢するのがお灸、と思っている方、間違いです!
この気持ちよさ、是非体験して頂きたい!!!

季節の養生コース~秋の養生~

台風18号もとても大きな台風でした
被害の大きかった地域の皆さまには
1日も早く日常の生活が戻りますように・・・

大きな台風の後は空気や季節ががらっと変わる
そんな感覚をカラダが覚えます
日中はまだまだ汗ばむ陽気ですが
朝夕の涼しさはもう秋そのもの
二十四節気でも秋分に入ってきますので
そろそろしっかりと秋の養生をはじめてゆきたいですね

2017年から自然の薬箱 ボディケアルームでは
養生コースという新しいアロマトリートメントコースを設けました
冬の養生コースから始まり、春、梅雨、夏とめぐり
10月1日に始まる秋の養生コースでちょうどひとまわりします

この養生コースは、季節ゆたかな日本に住まう私たちのカラダが
季節の恩恵と共に受ける、季節特有の邪気※により疲れてしまったとき
また、そんな疲れがでないために、受けていただきたいコースです
※邪気:自然界から受けるストレス・ダメージなど

 

 

 

 

秋の邪気は燥邪(乾燥する空気によるダメージ)です
秋の空気は澄み渡り、気持ちのより季節でもありますが
呼吸器(鼻・喉・肺)やお肌はストレス・ダメージが大きくなり
乾燥することで防衛機能が低下しトラブルの原因になります
カラダの中と外から潤いを与えることで
爽やかなこの季節を健やかに過ごしたいですね

この養生コースは鍼灸師とアロマセラピストがチカラを合わせ
より健やかになっていただけるようコースを組み立てています

トリートメントは秋にとくにケアをしたい経絡をイメージし
また、季節にあうオリジナルブレンドオイルをご用意しています
トリートメントのアフターティーもオリジナルの季節の薬膳茶です
ぜひ、自然の薬箱らしさたっぷりの養生コースを受けてくださいませ
詳細・ご予約はコチラから(10月1日からのコースとなります)

秋の過ごし方

朝夕すっかり涼しくなりました、過ごしやすい季節ですね。
ショウウインドウには本格的な秋冬ファッションが並び、ついつい先取りしたくなりますが、ちょっとまってくださいね。
秋は冬への準備期間、夏の間開け放していた窓を閉めていくように、毛穴を閉じていくことが必要です。先取りの秋冬ファッションでじんわり汗をかいた体には簡単に冷えが侵入します。
寒さを感じたら1枚、また1枚と、少しずつ変えていきましょう。
涼しさを肌で感じる事が冬の備えでもあるという事を忘れないでくださいね。