青空のときこそ、気を付けて!

 

 

 

 

 

先日、NEWSのお天気お兄さんが
“冬は晴天の時ほど、乾燥に気を付けてくださいね!”
と、言ってました

そう、冬空は曇りが多く
気持ちもどんよりするかもしれませんが
そんな時ほどお肌はしっとり潤いやすく

久々の青空!と清々しい日ほど
実は空気は乾燥してお肌にはハード(><)

空気が乾燥する冬は
お肌のダメージだけではなく
ウィルス感染もしやすいので
お部屋の中では加湿器を使ったり
外に出るときはマスクを使ったり
1日の終わりにはお顔のパックもいいですね

時にはスペシャルケアとして
ボディケアルームでのフェイシャルケアも!
詳しくはこちらまで!

女正月はぜひゆっくりと!

今日、1月15日は小正月
旧暦の1月15日はちょうど満月で
新年最初の満月を祝っていたのだとか…
関西では1月15日を松の内としているのも
ここから来ているようですね

小正月には小豆粥を食べるならわしがあり
これはお米と小豆を炊き込んだ晴れの日の食べ物

また、豆の形は腎臓に似ているとされ
冬に強くしたい腎を補える食材とされています

小豆は利尿作用でむくみ対策や
抗酸化作用でアンチエイジングにも
期待が持てる食材です

赤い色が災厄や邪気を払うとも考えられる小豆

暮れからお正月にかけて忙しかった女性が
ちょっとゆっくりできるという女正月に
小豆粥や赤飯、お汁粉にして
召し上がってはいかがでしょう?

もっとゆっくりしたい!という方には
ボディケアルームでのトリートメントがおすすめ!

上を向いて歩こう!

 

 

 

 

 

 

毎日寒いですね、寒いとついつい下を向くことが多くなりませんか?
と、言うわけで最近聞いたおはなしをひとつ!

落語家が座る場所を「高座」と呼びますが
実際にお客さんより高いところに作るから「高座」と言った訳で
なぜかと言うと、人間は少し上を向いた方が笑顔が出やすく、笑いも起きやすいからなんだそうですよ。

ということは、下向きの時間が長くなるほど笑顔が作りにくくなるということですね。

下ばかり向いていると、口はへの字、顎の下はたるんで、冴えない表情の出来上がりです。
ぞっとしますね、明日からはピンと背筋伸ばして、上を向いて歩きたいところです。

下向き癖がある方は、あご下から胸部にかけての凝りが強く、肩も丸まってしまいがちです。
注意していてもつい下を向いてしまうという方には、デコルテ(胸部)のアロマトリートメントが有効です。
下向きな自分に気がついたら、トリートメントでスイッチ切り替え上向き癖にリセットすることをおすすめいたします。
上向きスイッチで自然と口角も上がり、顎のたるみも改善して
フェイスラインもスッキリすること間違いなしですよ!!

アロマボディ&フェイシャルトリートメントについて詳しくはコチラから

冬の養生

 

 

 

今日は冬至ですね
一年で一番、陽の短いこの日は陰が極まる日

柚子湯に入って、かぼちゃ料理を食べる冬至の風習は
邪気を払って、からだを清め
健康と運気の上昇を願ってのことだそうです

冬の語源は『ふえる』ともいわれているようで
寒くて動かないこの季節は熱が逃げることなく溜め込まれ
また、芯はかたく引き締まっています

生命力を蓄えながらじっと蔵る(こもる)ことのできるこの季節は
一方で溜め込みたくないものも溜め込めてしまうかもしれません

クリスマス、忘年会、お正月、新年会・・・と
美味しい食事と楽しい時間が多い季節ですが
食べ過ぎたなという時、なんだか背中がはるようなことありませんか?
そんな時は、お腹がすくまで待ってみたり、お腹に優しいものを食べましょう
また、トリートメントやはりきゅうの施術を受けるのもおすすめです

時にはからだを休め、また、からだを清めながら過ごしたいものですね

びわの花が咲きました

 

 

 

 

じつはこっそりとびわの苗を育てているのです

寒くなってきたな、と思う頃から
蕾が膨らんできて、今、可愛い花を咲かせています
実ができるのは6月ごろですが
くいしんぼうの私はあまり花を意識していませんでした

びわの花言葉は
『温和』『治癒』『密かな告白』『愛の記憶』など
があるようです

びわの葉や種が、奈良時代から民間療法に利用されてきたことから
「治癒」という花言葉がつけられていて
また、「密かな告白」は、咲いていることに気づかないほど
花が小さいことにちなんでいるそうです

確かに、びわの花、小さくて可愛いです

民間療法に使われてきた、びわの葉ですが
びわの葉灸やびわ温灸器として今も使われています

 

 

 

 

 

びわの葉灸はびわの葉が手に入ったときしかできませんが
びわ温灸器はびわの葉エキスをぎゅっと濃縮したカートリッジを使い
からだを温めていくことができる電気式温灸器です

自然の薬箱のはりきゅうルームでは
びわ温灸のメニューもご用意しております
寒さが厳しい、そして忙しいこの季節
体を温めて、ゆるめて、健やかに過ごしましょう♪

育てているびわの苗ですが
いつかお灸教室でびわの葉灸ができたら…と考えています

お灸でセルフケア、はじめてみませんか?

 

 

 

 

 

 

2018年のお灸教室の日程が決まりました。
1月からは原則、第3火曜日の10時半から行ないます。

自然の薬箱のお灸教室は
先日ご報告した女性のための東洋医学養生講座と
今日、お知らせするはじめてのお灸教室の二つをご用意しております

お灸をすえる、皮切り、、、、など
お灸を由来とする言葉があるからか、
お灸という言葉を聞いた事があるという人は多いです
近頃はお灸女子という言葉も聞かれるようになって
きっと興味のある方も多いはず!!

でも、どこに、どうやって、どれくらい、いつ、すればいいのか?
気になることも多いですよね
はじめてのお灸教室ではそういった疑問にお応えしたり
お灸につかうもぐさの話をしたり、実際にもぐさを作ったり!!
手足にお灸をして頂いたりと、楽しい教室になっています

新年に新しいことはじめてみようかな?という方
ぜひいらしてください
お灸教室の詳細はこちらから

冬の過ごし方

 

 

 

 

 

 

華やかに色づいた樹々の葉もすっかり落ちて
森を歩けば静寂の中に落ち葉を踏む音が響きます

落ち葉の下では小さな生き物や植物たちが
春に向けての冬支度をしています
自然の一部である私たちも
落ち葉の下で過ごすように保温と保湿を心がけつつ
消耗を抑えるのが本来の冬の過ごしかただったよねと
落ち葉の音が教えてくれているように感じます

忘年会や新年会、時には羽目を外したい日もありますね
でも消耗したその分だけキチンと補充することを忘れないで欲しいのです
身体の奥に閉じ込めた小さな灯を、消えないように、燃え尽きないように
大切に春へとつないでゆく
そんな気持ちで慎重に身体をいたわりながら寒い季節をお過ごしください

 

 

 

 

 

 

 

自然の薬箱ボディケアルームでは
冬の養生にぴったりなコースを色々ご用意しております
消耗して疲れ果ててしまうその前に、早め早めのボディケアをオススメいたします

ハーブボールってご存知ですか?

 

 

 

11月後半からぐっと冷え込みましたね
12月に入った今週はずっと冬型の気圧配置で寒いようです
“しっかりと防寒対策を!”と今朝の天気予報で伝えていました

冷えは女性の大敵!!
みなさんはどんな対策をされていますか?

冬の冷え対策のひとつとして
はりきゅうで体の巡りを良くしたり
アロマやハーブでホッと温まる時間を作ったりしてみませんか?

 

 

 

 

 

写真は
先日行なわれた温ヨガで作ったものです

さっそくスタッフも使ってみました
こちらはボディケアルームのメニューではありませんが
優しい香りとほんのり肌に触れるハーブボールの温もりに
じんわり体がほぐれるのを感じました
寒くて体が縮こまりそうなときでも
心も体もぬくぬく元気に過ごしたいものです

最近はユーチューブでもハーブボールの作り方が
紹介されていたりしてちょっとびっくりしました
材料がそろえば簡単に作れちゃいます!
(ハーブや生薬は自然の薬箱1Fショップで販売しております)

自然の薬箱 ボディケアルームの冬の養生はこちら♪

季節の養生コース~冬の養生~

今日は12月1日!気づけば今年も残り31日!

あと1、2週間もすると
クリスマス、大掃除、
年賀状、お節・・・と
どんどんと忙しくなり
あっというまにお正月!
というのが例年の私

みなさまはいかがですか?

楽しい時間、忙しい時間を過ごしている間は
体に少し負荷がかかっていても気がづきにくいもの
はっ!と気づいたときには風邪の症状や
消化器の不調などが出始めていたりするものです
からだのサインが小さいうち
もしくは出ない間に、自分を労ってあげる

それが養生です

冬は寒邪の影響が強くなる季節
(寒邪とは冷たい空気、寒さによるストレスや体への影響のこと)
体が冷えて、血流が滞れば首・肩凝りが強くなり
コートが重たく感じるかもしれません
また、水分代謝が上手くいかないとむくみが気になり
ブーツが履きにくくなるかもしれません

その他にも乾燥する空気によるダメージや
ご馳走を食べ過ぎて胃腸が疲れる季節でもあるので
マスクや加湿器で乾燥を防いだり
山芋や黒豆などからだの中から潤うものを摂ったり
食べ過ぎたかな?と思うときには
おなかが空くまで胃を休めてあげたり
そして血流をよくするために少しからだを動かしたり
冬を心地よく過ごす工夫をしてみませんか?

自然の薬箱 ボディケアルームでは
みなさまの養生のお手伝いができたら!と
季節の養生コースをご用意してお待ちしております

この養生コースは鍼灸師とアロマセラピストがチカラを合わせ
より健やかになっていただけるようコースを組み立てています

トリートメントは冬にとくにケアをしたい経絡をイメージし
また、季節にあうオリジナルブレンドオイルをご用意しています
トリートメントのアフターティーもオリジナルの季節の薬膳茶です

1年の疲れを癒しに自然の薬箱の養生コースを受けに来てくださいませ


詳細・ご予約はコチラから(12月1日から春までのコースとなります)

こちらは養生コースのアフターティ
三花温巡茶です

きんもくせい(桂花)
ジャスミン(茉莉花)
マイカイカ(玫塊花)
などをブレンドしています

秋の養生

 

 

 

 

 

 

食べ物の美味しい秋がやってきましたね。

秋の語源は「飽き」ともいわれ、夏に蓄えられた養分が
満ち満ちて飽和状態であることを意味するそうで、
それは自然の一部である私たちの身体も同じです。

この夏、太陽の下で活発に活動し、陽のエネルギーを
蓄える事はできたでしょうか?

毎日オフィスの冷房に震えていたなあ、冷たいものを
摂りすぎてむくんだ日が多かったなあ、などなど、
夏に冷やすことが多かった人は蓄えの少ない状態かもしれません。

「飽きる」ほど陽のエネルギーを溜め込めなかった人は
寒さの影響を受けやすく、そんな人の養生はには
陽のエネルギーを節約することが大切です。

少しでも寒さを感じたら熱を逃がさないように衣服で調節、
余計な汗と共に熱を放出してしまわないように辛いものは
なるべく控える、などなど自分でできる秋の養生はたくさん
ありますが、ボディケアルームでも秋の養生のお手伝いを
するコースをご用意しております.

こちらもオススメです♪ 是非ご利用下さいませ。